そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

上映日:2014年04月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:120分
    監督
    呉美保
    脚本
    高田亮
    原作
    佐藤泰志
    キャスト
    綾野剛
    池脇千鶴
    菅田将暉
    高橋和也
    火野正平
    伊佐山ひろ子
    田村泰二郎

    「そこのみにて光輝く」に投稿された感想・レビュー

    SHOWWW
    SHOWWWの感想・レビュー
    2016/07/07
    2.8

    このレビューはネタバレを含みます

    日本映画特有の重たい感じ。主演3人の演技はすごい良かったんだけど、訛りが強すぎるのとボソボソ話すのが多くて、全然聞き取れないシーンが多かった。だから、あまり感情移入し切れなかった感。

    海のシーン、スイカ食べた後のラブシーンは素敵でした。
    さたき焼き
    さたき焼きの感想・レビュー
    2時間
    3.6
    ストーリーの闇が深い。。。
    emiena
    emienaの感想・レビュー
    8時間
    4.2
    つらい、見ててツラいけど
    美しい
    心が元気な時にまた見れるといいな
    たかやん
    たかやんの感想・レビュー
    11時間
    4.0
    仕事を辞め怠惰な日々を送る綾野剛が人懐っこい青年=菅田将暉とパチンコ店でライターの貸し借りをきっかけに知り合い、彼の姉=池脇千鶴とも近づいていく…

    冒頭いきなり知り合った綾野剛をやや強引にも実家へと招くのだが、菅田将暉一家と綾野剛との決定的な違いが〈服装〉として表れていたのがまず面白い!綾野剛だけが七分丈を着て、他の菅田将暉一家全員下着同然の恰好。服装の違い、体感温度の違いはまるで両者の経済的格差そのまま。
    またもうひとつ画的に面白いのが池脇千鶴の〈服装〉。最初は下着同然の彼女も綾野剛と会うたびにオシャレして徐々に服を着ていく。なんとも映画的な描写でニヤニヤが止まらない(笑)

    ちなみに基本的には優しいおじさん役でしか拝見しなかった高橋和也さんが今回はこわーいおじさん役だったことに衝撃‼(゚Д゚;)
    優しい人ほどキレると恐ろしいものですが、まさに高橋和也さんがそう。役者さんってやっぱりすごいですね(^^;

    全編重苦しさに満ちているからこそ一筋の希望・光がこの上なく明るく見える、そんな映画でした。
    おもち
    おもちの感想・レビュー
    11時間
    3.0
    けっこうしんどい
    たぬ
    たぬの感想・レビュー
    18時間
    5.0
    美しく退廃的で鬱
    この時の菅田将暉は本当に綺麗で光ってる
    ピロ子
    ピロ子の感想・レビュー
    22時間
    4.6
    思い出し感想。
    何という作品。元気な時でも心がしぼんでいく。
    希望はあるのだけど、重い。なかなか忘れさせてくれない作品。

    この作品で、池脇千鶴ちゃんを好きになりました。地方の女や、妙齢の女という垢抜けない感出せる女優さんって少ないと思うので、どんどん出て欲しい。「怒り」「パーマネント野ばら」「きみはいい子」が観た中で好きです。
    玉置雄也
    玉置雄也の感想・レビュー
    2日
    2.0
    池脇千鶴は当たり前として、菅田将暉がめちゃくちゃ良かった!!


    それだけです。
    起こることがよくわかるように撮られてるが故に見ててつまんない。この監督好きじゃないな。
    底辺の世界からは抜け出せないし、想像の範疇からも抜け出してこないどうしようもない映画。
    ManakaKishimoto
    ManakaKishimotoの感想・レビュー
    2日
    3.8
    美しいけど、気持ちが沈んでいる時には二度と見たくない。
    切ない、儚い。
    tomoyaah
    tomoyaahの感想・レビュー
    3日
    3.5
    出演者全員の演技がとにかくすばらしかった。
    負の連鎖って表現がよくあるけど、そこから救うにはどうすればいいのだろう。元凶を断つ?見えているものから正していく?
    俺ならどうするかを、エンドロールを観ながら少し考えました。
    >|