そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

上映日:2014年04月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:120分
    監督
    呉美保
    脚本
    高田亮
    原作
    佐藤泰志
    キャスト
    綾野剛
    池脇千鶴
    菅田将暉
    高橋和也
    火野正平
    伊佐山ひろ子
    田村泰二郎

    「そこのみにて光輝く」に投稿された感想・評価

    SHOWWW
    2.8

    このレビューはネタバレを含みます

    日本映画特有の重たい感じ。主演3人の演技はすごい良かったんだけど、訛りが強すぎるのとボソボソ話すのが多くて、全然聞き取れないシーンが多かった。だから、あまり感情移入し切れなかった感。

    海のシーン、スイカ食べた後のラブシーンは素敵でした。
    ごはん
    3.3
    演技上手だけど、なんせ全体的な話が暗いので重い。こんな低空飛行な生活は耐えられん。
    もどかしい。
    水面に顔を出したいともがき暴れるが、もがき苦しむ程に沈んでしまう負の連鎖。その連鎖は底に繋がっていて......

    ラストの画の美しさは息を呑むほどで、これを撮りたいから物語を作ったのではないかと思うほどで、、感動いたしました。

    火野正平さんの底が見えない不気味な迫力。
    僕にとって、小さい頃に観た某お色け温泉サスペンスのイメージが強かったので、その迫力に勝手にヒリヒリしてしまいました。

    骨太な作品だと思います。
    綾野剛の怒りの息遣いだったり細部まで繊細な映画だった。

    中学3年のときに修学旅行で小樽に行ったとき電車の広告で見かけたことがあった3年後、この映画を観れる機会ができるなんて。笑
    池脇千鶴って凄い女優さんなんだなと。
    そして女性支持率凄そう。

    所詮男は、女の掌の上。という躍らされる男感も良かった。
    結局池脇千鶴に収束する、、、
    画的にきれいにまとまっていた
    菅田将暉すごい
    >|