そこのみにて光輝くの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

そこのみにて光輝く2013年製作の映画)

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「そこのみにて光輝く」に投稿された感想・評価

Miki

Mikiの感想・評価

4.6
菅田くんこれで好きになった!
汚いけどガムシャラな感じとても良い
Stylo

Styloの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

脳障害の父を抱え、貧困から抜け出すことの難しい、千夏の家庭環境に衝撃を受ける。
執行猶予中の弟が、連れてきたカズオによって、少しずつ明るい世界が、空がひらけていく。しかし、弟の仕事の世話をしてくれる腐れ縁の男から逃れることは難しく、見ていても「いい加減にして」と言いたくなる。
周囲の環境のせいで、性的に搾取される日常からは、女性としての誇りも失わせるように思える。それでも、千夏役の池脇千鶴の生命力溢れる存在感は、痛めつけられても立ち上がる女の強さを体現している。

また、カズオ役の綾野剛が持つ、ナイーブさと芯の強さの共存した眼差しは魅力的だ。物語の要である、弟役の菅田将暉は、やり場のない無力感と悲しさを隠した難役を演じ切っている。3人の情熱が相まって、愛情、憎しみ、苦痛という身近な人の感情が画面から漏れ出てくるように感じた。

映画全体を通して、函館の海と山に囲まれた環境や、夏の日差しがストーリーの情景を映し出している。淡い光に包まれた海でのキスシーンは、恋と愛の狭間の引力を見せている。

愛することで強くなる、少しずつでもやり直せるもいう、得難い希望を見せてくれる作品。
救いのない感じグッド
Gh

Ghの感想・評価

3.7
記録
ip

ipの感想・評価

4.5
菅田さん池脇さんは大阪出身なのに方言すごかった。ネイティブの人からしたら変なのかな。

タイトルが「光輝く」なのがわかった気がした。「光り輝く」ではない理由。光って輝くのではなく光が輝く。
どんなに底辺であっても輝いて生きている人は立派だ。

今年「大阪物語」を見たから池脇さんの女優人生をたどるようで感慨深かった。
eriko

erikoの感想・評価

3.4
暗くなったけど、役者がとにかく良かった。池脇千鶴さん、ひりひりするなあ。
ひでG

ひでGの感想・評価

4.2
誤操作で消してしまった(・_・;

ごめんなさい🙏

素晴らしい作品。観る前の予想をはるかに超えた愛の名作!

でも、その愛は「そこのみて光り輝く」もの。
だけど、そこのみだからこそ尊いし、かけがえがないのだ。

どん底の二人が社会の片隅で寄り添い合う。この二人が実にいい。池脇千鶴がいい!綾野剛の抑えた演技が光る!

脇も素晴らしい!特に菅田将暉の弟。これっ、絶対助演男優賞でしょ!あのバカさ、あの可愛さ。

中華料理か何かで、二人をニコニコしながら祝福しているあの表情、ああ、こいつら幸せにしてやってよ!て願ったのになあ。

それから、小悪人、小さな都市のよくいる実力者みたいな高橋和也。いそ〜。こういう役が映画の奥行き作るんだよなあ。

日本映画の可能性、底深さをはっきり示した金字塔!
YM

YMの感想・評価

3.7
底辺の中の底辺の物語。役者の演技が素晴らしい。
目をつぶりたいときは目をつぶり、災いから逃げて生きている人がいて、目をつぶりたくてもつぶれなくて、全部背負って生きざるを得ない人がいる。貧しい姉弟愛とそれを見つめる主人公の眼差しが愛おしい。