そこのみにて光輝くの作品情報・感想・評価

そこのみにて光輝く2013年製作の映画)

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「そこのみにて光輝く」に投稿された感想・評価

rieeeeee

rieeeeeeの感想・評価

3.8
池脇千鶴さんがとてつもなくいい。

どーしたらいいのかも、底から抜け出す方法もわからなくて、生きることで精一杯な人たちのリアルな様に押しつぶされそうだった。

菅田将暉の歯の茶色さ。
私は今自由な場所にいるなぁということを考えながら観た。

果てしなく暗い闇の底だからこそ、明るく輝く光がある。

どん詰まりの世界、数々の壁を乗り越えて(たとえ乗り越えられなくても)、愛することを選んだ覚悟。

ラストシーンは美しすぎて、本当に眩しくて目を細めてしまった。
すー

すーの感想・評価

3.7
作品通して、生きるということに執着していてぐっとくるものがあった。
田舎の閉塞感や貧困の悪循環をひしひしと痛感した。
各々、役者さんの瞳に言葉以上のものを感じる作品です。
coffyouee

coffyoueeの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

前から気になっていた作品です。
池脇千鶴の体当たり演技は、
ジョゼを思い出しましたがら
彼女の演技の説得力は相変わらずすごく、
一気に惹きこまれます。
主演の綾野剛も、最初とラストで目の光が変わっていて、憑依型の俳優さんなんだなぁー・・!と、とても魅力的でした。
また、ほぼ主演であるかのような、インパクトのあるキャラクターを魅力的に演じた菅田将暉も、
この後ブレイクの理由も納得といえる力を見せていて、
本当にこの3人の力が映画をすごく良いものにしてると感じました。
話自体は本当にやるせないところもあったけど、
ラストの川辺で、朝焼けの温かい光に包まれて2人が微笑みあうシーンは、救いを求められる場面なのかな、と私は感じました。
池脇千鶴さんと菅田将暉さんの演技と、カメラ構図は圧巻。
そこ=バラックのみにて光輝く

達夫(綾野剛さん)は主人公だが、実質2人の引き立て役。
主人公は何か変わったかといえば、変わりかけるも、何も変わらない。

ラストは、あれで矛をおさめたというのだろうか・・・?
拓児を主人公に据えた物語にした方がもっと輝くバッドエンドになったかもしれない。
sunny

sunnyの感想・評価

4.0
考えさせられた映画。
地方ならではの閉鎖感、孤独、実力派キャストの演技も素晴らしい。
自分たちの力ではどうしようもできない無力感。救われない現実。
終始重苦しい雰囲気のなかで、最後に一筋の光を見た主人公たちに心打たれた。
kanz

kanzの感想・評価

3.5
いつ誰が中島に発破するのか?

そのきっかけの種植えが丁寧で、3人ともちょっとずつ今の状況に対して恥の思いが芽生え始める

食堂で乾杯するとこは幸せの光が見えてたんやけどな…

池脇千鶴のまぁるい体が好きやねん
あ

あの感想・評価

4.0
答えがない映画
蜜郎

蜜郎の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

季節はずれに咲く花たち。
眩しすぎる夏の日差し。海。

海で絡み合うのロマンチックだなぁ。
そして綾野剛は黙って突っ立ってるだけでえろい。醸し出すエロス。

あとえげつない喫煙率。大丈夫か。

池脇千鶴さんのリアルさが生々しくて凄いなと。
このなげやり感というか、心がスレている感じ。
性を使って消耗している体と心。
そんなところへふらっとニート綾野が来る。
癒される、楽しい。
ちなみにR15らしいので濡れ場もありますが、エロ要素は低め。
(大半が切ないので)
私個人としては、そのシーンより
俳優さん自身がえろく見えました。笑

菅田将暉は本当にこういう役がうまいですね。弟感がすごい。本人は確か長男なのに。拓児、終始にぎやかでした。
常に大声だし、食べながら喋るから米つぶやら何やら飛ばすし。子供か。
いろんな悪さが食べ方に出てて良かった。

多様な人がいる。仕事や生活がある。
楽なことも制約も多い現代社会で
貧しい者が生きていくのは大変。
けれど、
見えなかった何かがそこにある。
見つかる。諦めるのは早い。
そう思わせられる作品でした。
>|