そこのみにて光輝くの作品情報・感想・評価

そこのみにて光輝く2013年製作の映画)

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「そこのみにて光輝く」に投稿された感想・評価

菅田将暉だけ良かった
お

おの感想・評価

3.8
“そこ”には家族がいる。
離れることはできない底。

生と死の境がぼやける海辺、という側面での函館はとても良いですね。
活気のある祭り、ネオン、そして海、家族の暮らすバラック。

気になった点が2点ほど。
まず、函館ってあんな北海道弁きついの?
僕北海道民ですけど、ちょっとやりすぎ感あったな、、、逆にここはこう言わないんだっていう所もあったり、結構気になった。
もう1点は、役者に関して。
「役者は無名性が命」っていう言葉がすごく好きな自分なのですが、やはりこの映画にも当てはまると思った。
簡単に言うと、みんな顔が綺麗すぎる。
具体的に言うと、“この俳優さんはこんな場末感の出る演技ができるんだね”って感じてしまう。
それだとやはり演技というのが大前提になってしまっていて、どこか悲しい気もします。
映画としてはあんまり好きじゃない作品。
なんだろ、こういうのが表現したいんです!が強すぎたのが、個人的には好まない。

ただ、演技はすっごいナチュラル。
全部自然に感じた。主演はもちろん。脇が整ってる。
元気な時に見た方がいい映画。いわゆる「底辺」の暗闇の中で、それでもたくましく生きる、卑怯で優しくて、強くて弱い人々の「愛」の物話。愛と呼んでいるだけで、本当の名前は執着かもしれないし、呪いかもしれないけれど。
交錯

交錯の感想・評価

3.6
どうにも報われないほどに沈み込んでしまった底で、ちらちらとたまにかすめる光。
函館の短い夏。

もっと函館感でてるかなと思ったけど、そうでもなかった。でも、方言はところどころ懐かしかった。
ネギ

ネギの感想・評価

2.8
暗い重いよ〜😭

前情報ほとんど無しで見たから
こんな胸糞映画だと思わなかった…

ただ
菅田将暉の人懐こい演技が
めっちゃ良かったのと、
ラストの綾野剛と池脇千鶴が
本当に綺麗だった


なんか明るい映画見よ……
絶望の中の光ってこと
saito

saitoの感想・評価

4.2
池脇千鶴に泣かされた。。

暗くて重いけど、秀逸なタイトルだなぁ〜
s子

s子の感想・評価

3.0
話の内容が本当に暗すぎるし、
結局何が伝えたいのかよく分からない映画
だったけど、綾野剛のベットシーンは
とてもエロかった。
>|