そこのみにて光輝くの作品情報・感想・評価・動画配信

そこのみにて光輝く2013年製作の映画)

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「そこのみにて光輝く」に投稿された感想・評価

AmiSato

AmiSatoの感想・評価

3.5
池脇千鶴がマイブームのようですので、彼女が出てる映画詮索しているいこうと思います。
菅田将暉の演技力に終始圧倒されました。そして彼は最終的にまた罪を犯してしまって、人はやっぱり変わるのが難しいんだな。「ここのみにて」って、そういう意味なのかな。他の場所には行けないっていう。
綾野剛と池脇千鶴、とてもお似合いなので幸せになっていたらいいな、、それに2人とも大変な思いをしてきたみたいなので。
リく

リくの感想・評価

2.5
出てくる登場人物にロクなのがいないので観ていて若干ストレスだった。

菅田将暉の演技は個人的には好きで、最後の泣くシーンはこの映画で一番面白かった所だと思う。

池脇千鶴はジョゼと比べてエロさが増してて良かった…
上旬

上旬の感想・評価

3.8
【2014年度キネマ旬報ベストテン第一位】すごくよかった。原作者が同じ『きみの鳥はうたえる』が大嫌いなので期待してなかったんだけど、ちゃんとこれは話があるし、なにより池脇千鶴が素晴らしい!

札幌で育った僕としては「函館の人ってあんなに方言バリバリなの?」っていうのが疑問ではあるんだけど、地方ならではの貧困、介護の問題を背景にしながら、四人の男女の関係が美しくも残酷に描かれる。

あの3人、頼むから幸せになってくれ!とあの菅田将暉がカレーを汚く食べるところで思うんだけど、そんな一筋縄ではいかない。

池脇千鶴のなんかこうむっちりしたいやらしさがすごいよね。あと高橋和也さんの嫌な奴演技もハマってる。菅田将暉はやっぱりこういうインディペンデントの邦画が本当によく似合う。
Kana

Kanaの感想・評価

2.5
今ある状況を受け止めて精一杯生きようとする人たちの姿に何とも言えない気持ちになった。目を背けたくなるような現実と向き合わなければならならない過酷な毎日。
池脇さんは綺麗

菅田将暉アドリブのはっちゃけとか、細かな仕草がいい。

綾野剛、酔ってるお芝居素敵

それぞれ弱い3人が何とかして結びつこうとしてうまくいかない

父が千夏の名前を呼ぶのは自分の下の世話をしてくれるから。大好きだった父。思い出の歌が心に残る。
演技がすっごい。。。
海炭市叙景、オーバーフェンス同様暗いです・・底辺な暮らしに負の連鎖がきつい・・池脇千鶴が最高でした。
>|