百瀬、こっちを向いて。の作品情報・感想・評価

百瀬、こっちを向いて。2013年製作の映画)

上映日:2014年05月10日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.1

あらすじ

高校卒業以来、久々に故郷に降り立った、相原ノボル。文学新人賞を受賞した記念にと、母校からの依頼で講演をする為、帰省してきたのだった。変わらない街並みに触れたノボルは、高校時代のある「嘘」を思い出す...。15年前。ノボルは高校に入学してから冴えない日々を送っていた。ある日、幼馴染で学校一の人気者の先輩・宮崎瞬に突然呼び出され、そこでショートヘアで野良猫のように鋭い目つきの女の子を紹介される。彼女…

高校卒業以来、久々に故郷に降り立った、相原ノボル。文学新人賞を受賞した記念にと、母校からの依頼で講演をする為、帰省してきたのだった。変わらない街並みに触れたノボルは、高校時代のある「嘘」を思い出す...。15年前。ノボルは高校に入学してから冴えない日々を送っていた。ある日、幼馴染で学校一の人気者の先輩・宮崎瞬に突然呼び出され、そこでショートヘアで野良猫のように鋭い目つきの女の子を紹介される。彼女はノボルの隣のクラスの百瀬陽といい、ノボルは百瀬と付き合うことに。「これは3人だけの秘密だ」瞬には神林徹子という本命の恋人がいたが、最近一部で瞬と百瀬が付き合っているという噂が流れ、徹子に疑いを持たれて瞬は困っているという。そこでノボルと百瀬が付き合っている「フリ」をする事で、その噂を消そうと考えたのだった。この「嘘」は百瀬が提案していた。ノボルを隠れ蓑にしてでも大好きな瞬と一緒にいたかったから。嘘から始まった二人の恋の結末は...。

「百瀬、こっちを向いて。」に投稿された感想・評価

なんか向井理がイケメンすぎて違和感?

自分には合わなかった
yuppi333

yuppi333の感想・評価

3.0
なんかすごくきれいで、切ない。
百瀬とノボルのまっすぐな想いに、キュッとなる映画。
最後がよくわからないのと、キャストがあまり好きになれなかったなぁ。
nana9046

nana9046の感想・評価

3.1
ほおずき がドキッとした。

中村優子は「私は知っている。」(CM)みたいな何かを含んでる系の役多いなぁ。笑
ありそうでない話。だけど誰もが経験してきた話。
甘酸っぱいを超えて苦かった。どうしようもないけどどうにかしたくて、でもどうにもできない。初恋や青春の青くて、純粋だから感じてしまう苦しみがぎゅっと詰まった作品
まや

まやの感想・評価

3.0
早見あかりがかわいかった。
内容はちょっとわたしには印象深くぐっとくるものがなかった。

割と引いた目で見てしまったので
もう一回見て、入り込んで鑑賞してみたい。
小説っぽい?小説原作?の映画だった。とても好きなタイプの映画
MizuKi

MizuKiの感想・評価

3.0
推しが出てたから観たけど、うーんって感じ
私にとっては退屈でした、何が退屈だったのか聞かれても 答えるほど印象深いものが無い程度には。
M

Mの感想・評価

2.5
記録
つぼい

つぼいの感想・評価

2.6
夏番の参考に見たけど早見あかりの肩幅が広すぎて集中できなかった。
>|