僕はジャックの邪な心です

モンスター上司2の僕はジャックの邪な心ですのレビュー・感想・評価

モンスター上司2(2014年製作の映画)
4.0
シーンの会話劇に映画ネタを盛り込む手法が相変わらず面白い、特に観てる時に「あっ、この展開ファイト・クラブ…」と思っていると「おいおい!これじゃあファイト・クラブだよッ!」と的確に笑いのツボを的中するので笑ってしまうし嬉しい気持ちにもなる映画好きには堪らない要素でした、プレデターネタも嬉しかったなぁ。
揺るぎないMF=マザー◯ァッカーもブレイドみたいなタトゥーを入れているのに相変わらず小物っぽいのも良いけど美味しい所を持っていきますね〜!ケヴィン・スペイシーさんも檻の中からですが完全に羊たちの沈黙ばりの恐ろしさが出ていて良かったです、球球言い過ぎ!(笑)

それと前作では⬇︎

パワハラ→陰険な会社の上司

セクハラ→セクシーな歯医者の上司

バカハラ→会社の社長のバカ息子

で、前作になんやこんやあってバカハラに空席が空いたのですが、今回も話の騒動になるのが、なんと父親の愛情が欲しい為に自ら誘拐されるバカ息子なのです!これは前作とな兼ね合いとしては上手い作りですね〜感服しました!しかもスタートレックのクリスさんじゃないですか、最近こういったキャラクターもこなして来てますね〜。