シュウ

アバウト・タイム 愛おしい時間についてのシュウのレビュー・感想・評価

4.0
今までにないようなタイムリープものな映画。
最近よく見かけるタイムリープものですが、これはちょっと違った切り口で書いていて新鮮でした。

イギリスの田舎に暮らす主人公ティムは、21才になる誕生日に、父親からある告白を受ける。
「自分たちの一族には男にだけタイムトラベルできる能力がある」
初めは半信半疑で聞いていたものの、言われるがままにやってみると、いとも簡単に昨日の夜に戻れてしまった。
父親はその能力は金や名声のためにだけは使ってはいけないと強く忠告する。
ティムはその教えを守り、ロンドンで弁護士として働くことを志すようになる。
忙しいながらも、自分の能力を恋愛のために使おうと心に決めていたティムは、友人との紹介で出会ったメアリーに恋をするのだった。

主人公のティム役はドーナル・グリーソン、ヒロインのメアリー役はレイチェル・マクアダムスが演じています。


見始めた時はどうせ某猫型ロボットアニメよろしく、タイムリープしまくって時間軸がこんがらがって、さあどうしようってなるんだろうな~と漠然に考えていました。笑
タイムリープの仕組みがちょっと分かりにくいとは思いましたが、どんどんストーリーが進むとこれは恋愛モノというよりは青春、親からの自立を描いているんだと気づいて驚きました。
そしてそれにあわせたラストも、私は非常に大きなメッセージ性を持っていてとても好きです。
というか、今まで一番リアリティがあるタイムリープもののように感じました。