• Filmarksトップ
  • アバウト・タイム 愛おしい時間についての感想・評価

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

About time

上映日:2014年09月27日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:124分
    監督
    リチャード・カーティス
    脚本
    リチャード・カーティス
    キャスト
    ドーナル・グリーソン
    レイチェル・マクアダムス
    ビル・ナイ
    トム・ホランダー
    マーゴット・ロビー
    リンゼイ・ダンカン
    リディア・ウィルソン
    ウィル・メリック
    あらすじ
    イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと……。そして、本当の愛とは、幸せとは何なのかを知る。同時に、ティムと時間の旅をともにする私たちも、愛と幸せの本質を実感することになる。

    「アバウト・タイム 愛おしい時間について」に投稿された感想・評価

    いい話。タイムトラベルと聞いて自分が想定した展開とは全く異なり、いい意味で平凡なストーリーだった。
    「もしも時間が戻せたら」なんて誰しも考えることだけれど、結局同じ自分が行動するんだから大きく変えられることなんてそれほど無い。
    また、タイムトラベルである程度人、モノ、金が自分の自由に出来るとなった時、急にそれらが無意味なものに感じてしまう。結局人間は何かを手に入れる過程や、それまでの人との関わりにドラマを感じ、有意性を感じるのである。
    だからこの現実において、出来る限り多くの幸福を感じながら日々を懸命に生きることが、一度きりの人生の幸福を最大化させる方法であると感じた。
    imagoo
    3.8
    今を目一杯生きる事の大切さと素晴らしさを考え直させてくれる。
    わこた
    4.0
    つんつんするとこほんとかわいい
    とても良かった。最初はただの恋愛もので終わるかと思えば、家族のこと、人生のことをタイムリープすることで教えてくれる。もう一度字幕で見たい。そしてヒロインが可愛すぎる。
    敦史
    4.2
    1日を大切にして生きてこうと思った。
    時間は一方通行。

    元に戻ることはできない。


    時に後悔があって

    幸せがあって

    別れがあって

    悲しみがあって

    時を戻したくなることは
    いっぱいある。。


    でも本当の幸せは

    過去を変えたから
    与えられるものじゃない。

    もう。
    ここにあるんだよ。

    って。

    受け止めなきゃならないことも
    あるけど。。

    それは
    また改めて時間を、今を
    思い出させてくれる。
    mzk
    5.0
    大切な人たちに会いたくなる映画
    >|