アバウト・タイム 愛おしい時間についての作品情報・感想・評価

アバウト・タイム 愛おしい時間について2013年製作の映画)

About time

上映日:2014年09月27日

製作国:

上映時間:124分

4.1

あらすじ

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティ…

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと……。そして、本当の愛とは、幸せとは何なのかを知る。同時に、ティムと時間の旅をともにする私たちも、愛と幸せの本質を実感することになる。

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

4.5
ここ10年で一番好きな女優は誰と聴かれれば、迷わず、
レイチェル・マクアダムスと答えるだろう。

そして、本作はレイチェル作品の中でも、ベストオブベストのキュートさで、それは出逢いの時、付き合っている時、結婚して、子供ができて(まあ、映画だけど)ずっとキュート!
冒頭、ひと夏の初恋、マーゴット・ロビーのセクシーさと、その後のレイチェル・マクアダムスのキュートさの対照性もキャスティングの妙。

ただ、ストーリーとしてはティムのやりたい放題(笑)タイムトラベルの乱用とはこのことで、ティムやり過ぎ、甘えすぎ、ズル過ぎ、なところは否めない。途中、妹の不幸を救うために過去に戻り修正し、今に戻ったら自分の娘が息子になっていた(赤ちゃんが変わっていた)のにはゾッとしたが、その反省、、君、遅いね。私もタイムスリップしてやり直したいことあるが、次男が生まれた10年前以降は絶対戻らないとしても、その後でも、彼の今回しかない成長を無にはできないから、きっと戻らない。(と空想した)

そしてタイムトラベルのルールづけも甘い。父と子供時代のかなり過去に戻って、戻ってくるとかって、今までのルールご破算?みたいな。

確かにティムのタイムトラベル乱用とルール無用ななんでもあり感で、「今を精一杯生きる」というテーマを軽くさせているようにも思えるが、リチャード・カーティスの語り口に、それでも許してしまう魅力にこの作品は満ちている。
冒頭の海辺のシーンや土砂降りの中の結婚式、父との語らいのシーン、と人生のモーメントを美しく切り取っている。

「フォーウェディング」や「ラブ・アクチュアリー」の時を思い出すシーンも多く、本当に、この人は珠玉のシーン、ユーモアのあるキャラクター、粋なセリフを散りばめる天才。日本にここまでの映画作家いるかな? 

恋愛映画のようでいて、家族と人生をとりまくヒューマンドラマの様相が強い。父役のビル・ナイも最高だが、彼もタイムトラベル乱用し過ぎ(笑)

ビル・ナイが息子に残した言葉で、そうだよな、と思ったのは、「1日を過ごして、もう1度だけ、その1日を繰り返すと、緊張と不安で気づかなかった人生の素晴らしさに気づく」といって、実感するシークエンス。

現実には我々はそれはできないけれど、この1日がかけがえのない奇跡の1日で、仮に人生最後の日のつもりで生きたら、不必要に恐れもせず、笑顔で、ユーモアを振りまき、感謝して、最高の1日にしようと思える。それ位、大きく、大胆に、余裕をもって、奇跡の1日を味わって1日1日生きていきたいと思えた。

長く話したが、結局のところ、ヒロインの魅力によって、全てを許して、その年の1番の作品となったというのが正直なところであろう。
nikoniko

nikonikoの感想・評価

4.3
日々大切に生きようと思った、
いい映画。
その時、その時を大切に過ごしていかなくちゃなって思った。おもしろかった。
Icchi

Icchiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

いわば、アメリカ版ドラえもん?
青い猫型ロボットは出てこないけど、息子のことを心から思いやる父親ならいる

冴えない青年が、時間を巻き戻す能力を手にいれたら、どうなるかという話ですが、この青年は凄まじい行動力の持ち主
一目惚れ(顔は見えてないけど)した彼女を手にいれるため、妹を事故から守るため、幸せをつかむために、何度も時間を巻き戻します 

しかし結局、その能力は万能ではない
能力を使えなくなるきっかけが、子供ができることというのはかなり皮肉な話に感じます

1つの幸せをつかむには、1つの別れを乗り越えなければいけない
すごくハートフルな映画です
でっち

でっちの感想・評価

4.8
思っていたのと違った
とても良い映画です
ビル・ナイが特に好きです
Mayu

Mayuの感想・評価

4.2
1日1日を大切に過ごさなあかんなって思い知った。
ちょっとのことで、人生が変わる。
さて、私はどう生きていこう笑
見ていてハラハラしながらも楽しかった。
my

myの感想・評価

3.6
思ってたのと違った
Kaori

Kaoriの感想・評価

3.7
要再鑑賞
>|