アバウト・タイム 愛おしい時間についての作品情報・感想・評価

アバウト・タイム 愛おしい時間について2013年製作の映画)

About time

上映日:2014年09月27日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

あらすじ

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティ…

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと……。そして、本当の愛とは、幸せとは何なのかを知る。同時に、ティムと時間の旅をともにする私たちも、愛と幸せの本質を実感することになる。

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

4.5
ここ10年で一番好きな女優は誰と聴かれれば、迷わず、
レイチェル・マクアダムスと答えるだろう。

そして、本作はレイチェル作品の中でも、ベストオブベストのキュートさで、それは出逢いの時、付き合っている時、結婚して、子供ができて(まあ、映画だけど)ずっとキュート!
冒頭、ひと夏の初恋、マーゴット・ロビーのセクシーさと、その後のレイチェル・マクアダムスのキュートさの対照性もキャスティングの妙。

ただ、ストーリーとしてはティムのやりたい放題(笑)タイムトラベルの乱用とはこのことで、ティムやり過ぎ、甘えすぎ、ズル過ぎ、なところは否めない。途中、妹の不幸を救うために過去に戻り修正し、今に戻ったら自分の娘が息子になっていた(赤ちゃんが変わっていた)のにはゾッとしたが、その反省、、君、遅いね。私もタイムスリップしてやり直したいことあるが、次男が生まれた10年前以降は絶対戻らないとしても、その後でも、彼の今回しかない成長を無にはできないから、きっと戻らない。(と空想した)

そしてタイムトラベルのルールづけも甘い。父と子供時代のかなり過去に戻って、戻ってくるとかって、今までのルールご破算?みたいな。

確かにティムのタイムトラベル乱用とルール無用ななんでもあり感で、「今を精一杯生きる」というテーマを軽くさせているようにも思えるが、リチャード・カーティスの語り口に、それでも許してしまう魅力にこの作品は満ちている。
冒頭の海辺のシーンや土砂降りの中の結婚式、父との語らいのシーン、と人生のモーメントを美しく切り取っている。

「フォーウェディング」や「ラブ・アクチュアリー」の時を思い出すシーンも多く、本当に、この人は珠玉のシーン、ユーモアのあるキャラクター、粋なセリフを散りばめる天才。日本にここまでの映画作家いるかな? 

恋愛映画のようでいて、家族と人生をとりまくヒューマンドラマの様相が強い。父役のビル・ナイも最高だが、彼もタイムトラベル乱用し過ぎ(笑)

ビル・ナイが息子に残した言葉で、そうだよな、と思ったのは、「1日を過ごして、もう1度だけ、その1日を繰り返すと、緊張と不安で気づかなかった人生の素晴らしさに気づく」といって、実感するシークエンス。

現実には我々はそれはできないけれど、この1日がかけがえのない奇跡の1日で、仮に人生最後の日のつもりで生きたら、不必要に恐れもせず、笑顔で、ユーモアを振りまき、感謝して、最高の1日にしようと思える。それ位、大きく、大胆に、余裕をもって、奇跡の1日を味わって1日1日生きていきたいと思えた。

長く話したが、結局のところ、ヒロインの魅力によって、全てを許して、その年の1番の作品となったというのが正直なところであろう。
ymsn

ymsnの感想・評価

4.6
良かった!!

冴えない青年ティムは21歳のある日、父親に「我々の一族の男性は、自分が過ごしてきた過去にタイムトラベルする能力がある」という秘密を明かされ、上手くいかない自分の生活や恋愛、人生を改変するためにタイムトラベルを使う。

誰だってあの時に戻れたら、、、って思うこと絶対あると思う。
人生をやり直すというあり得ない体験を、この映画を通して我々は経験し、目の前の毎日の大切さを思い知る。


タイムトラベルものにしてはそんなに捻りなし、ド直球な作品やけど、それがイイんだ。

なんか他のレビューでも書いた気がするけど、愛や人生はストレートじゃないと伝わらないんだ!と思わせてくれる映画のひとつになった。


"君が僕を見つけた日"のレイチェル・マクアダムスが再びタイムトラベル恋愛もの。もはやお得意ジャンルでは。


最近流行ってるテレビゲームの'ライフイズストレンジ'好きな人は直球やと思うし、映画なら'ある日どこかで'とか'フローズンタイム'とか好きな人はドツボな映画やと思います。


まだ見てない人は見たほうがいいよ!
kasunazuta

kasunazutaの感想・評価

4.0
タイムトラベルと言っても、よくあるタイムパラドックスの話とか、タイムマシンがワーキャーではない。日常の中で日常的に使われていてそれを悪としていない。当たり前の日常を大事にするというものだが、これがなかなか難しい。
それでも一日一日が幸せだなって思えるように生きていきたいな。
まわりの女の子たちが割と見てたので見てみた
感動。きゅんきゅん。ほっこり。幸せ。
最近家族ウゼーウゼーだったので
少し優しい気持ちになったんだけど
部屋を出たらやっぱり現実ウゼー
この映画の中で生きたい
aya

ayaの感想・評価

3.5
毎日、自分が帰ってきた日だと思って過ごしたい。
ビル・ナイを見てると、何だかとっても安心する。なんなの…
過去の失敗に捉われすぎないで、現在や未来の1日1日を精一杯楽しく、周りの人を大事にして生きるのが、幸せになるコツだよ、というお話。
途中からタイムパラドックスの矛盾点がやや気になってしまって…主題はSF部分じゃないから、気にする必要ないんだろうけどね〜
過去に戻れたら何しよっかな〜取り敢えず馬券買いに行くか…じゃなくて、劇場公開見逃した映画を観に行こっと!
はるか

はるかの感想・評価

4.5
父さんと息子の関係性と一家の毎日の日課が好きすぎる。
久々に観て、はぁ〜私もかけがえのない日々を大切に生きていこうと思った〜

このレビューはネタバレを含みます

あああレイチェルマクアダムスはどうしてこんなにも愛おしいの...
女性から見ても、いつどの作品でも本当に「可愛い」を超えた愛おしさ。
同じ女性ならここまで愛されないと損だわ!っていつも思わせてくれる。

パッケージからは全然わからなかった、まさかティムとその男家系のみのタイムトラベル。途中妹と戻ったりもしたけど、要は未来にはいけないけど、これまでの体験した過去ならどこにでも戻ることができて、現在までまた戻ってくる(遡るの逆?)事は可能ということなのだね。しかもお父さんもまだタイムトラベルしてるからもうパラレルワールドだらけなんだよね、特に親子でいるとお父さんにとってこれは何回目?ティムにとってもこれは何回目?と。つい疑問に。でもそれが例えば事情を知らない外部の人との巡り合わせの場合、少し切なさも感じた..
確かにやり直せるってすんごい得だし、失敗もなく全ての起こりうることが完璧。でもそれっていいことなのかな。
彼女にとって出会った初日も、初めての夜も、彼にとっては初日ではなく、3度目の夜...絶対的に事情を知ることはないから幸せといえば幸せなんだろうけど、「初々しさ」や「たどたどしさ」「不器用さ」「失敗」から「立ち直る力」のない人って..ただスマートって思えるかな...
確かに出会うタイミングは本当に大事!!それは共感。少し彼らのタイミングが遅ければ、早ければ、そしてシャーロットを選んでいれば、この二人は全く別の人生を歩んでいたわけだから。タイムトラベルがいいことっていう話ではなくて、ラストお父さんから言われて毎日を2回繰り返したように、今のこの生きてる日々にはたくさん素敵なことがあって、いつもの職場の天井にも、カフェでも電車でも小さなきっかけ、本当に小さな何かってそこら中にあるのに、あまりに見過ごしすぎているということ!に気づけるかということ。
どうせやり直せるからではなく、やり直さなくても幸せを掴めるように。
今を大事にってこと。
素敵な映画だった。でも..できればティムでこのパワー断ち切ってほしいな...男の子生まれちゃったけど笑 
わいもタイプスリップしたいで
>|