アバウト・タイム 愛おしい時間についての作品情報・感想・評価

アバウト・タイム 愛おしい時間について2013年製作の映画)

About time

上映日:2014年09月27日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」に投稿された感想・評価

おれも過去に戻りたい
思い出の映画。
挿入歌が素敵
nagi

nagiの感想・評価

4.2
お父さん役の俳優さんが、ハリポタのスクリムジョール校長だと分かってスッキリ
harape

harapeの感想・評価

3.5
きっとすごく良かったんだけど、期待しすぎてしまいました。世界の恋人たちがこんな二人なら世界変わっちゃうな
好きな登場人物ナンバーワン ティムのパパ。子どもとだけの秘密を作る親って天才!しかも生涯守りぬいて、息子想いの本当に素敵なパパ!
あと浮気とか目移りしかけちゃってから、やっぱり今の恋人が大事だなって思うの、人間ずるいよねすごくわかるけど
おかず

おかずの感想・評価

4.8
Blu-ray買いました。
時間を巻き戻せるご都合主義なファンタジー映画かと思ってましたが…全然違った。

現実は時間を巻き戻せないのを念頭に観ていると色々と考えさせられる。
刻々と過ぎていく時間をどう過ごすか誰と過ごすか、自らの幸せのためには自ら行動しないといけない!待っていても何も起こらない…!

結婚式の場面がとてもお気に入り。ガーデンパーティ式の屋外での披露宴なんだけど雨風すごくて来賓者も新郎新婦もずぶ濡れメチャクチャ!普通なら人生で1番幸せで綺麗な晴れ舞台なのに…でも花嫁はずっと笑顔。楽しんでいる。この精神性に憧れます。

あとはお父さんとのお別れの会話の場面も好き。

家族や人生について少し考えて
見終わったあとは少し幸せになれる
愛おしい映画と感じました。
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
まず、主人公(ドーナル・グリーンソン)とヒロイン(レイチェル・マクアダムス)の好感度が実に高い。ビル・ナイ演じる父親も実によい。タイムトラベルというトリッキーなガジェットが目を引きますが、生き生きと描かれるキャストの好感度によって支えられている作品だと思います。そのへんはさすが「ラブ・アクチュアリー」の監督だなぁと。

失敗しては過去に戻ってやり直して、ついに理想の恋人を手に入れる主人公はさすがにずるすぎる。映画がこれだけで終わるのなら「ドラえもんかよ!」の一言で済ませてしまうのですが、後半、妹の人生や父の病気などが絡んでシリアスになっていきます。彼は結局、「1日1日を大事に生きよ」という教訓を手にするわけで、なかなかしみじみとしてしまいますが、そんな顔の主人公にはそれでも一言いってやりたくなります。「お前、レイチェル・マクアダムスを手に入れただろ!」
Ambrella

Ambrellaの感想・評価

3.5
時間を巻き戻す映画が多いなと思った笑
こんなお父さん達になれるよう頑張りたいと思う今日この頃。
家族!
後半のメッセージ性が強くてよき。
>|