アバウト・タイム 愛おしい時間についての作品情報・感想・評価

アバウト・タイム 愛おしい時間について2013年製作の映画)

About time

上映日:2014年09月27日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

あらすじ

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティ…

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと……。そして、本当の愛とは、幸せとは何なのかを知る。同時に、ティムと時間の旅をともにする私たちも、愛と幸せの本質を実感することになる。

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」に投稿された感想・評価

kamuwara

kamuwaraの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

傑作中の傑作であり、次の世代にも残していきたい作品であることは間違いないであろう。
今までの人生をよりよくしようとタイムスリップをして幸せを掴んでいく物語。
何度も何度も失敗して、でも、幸せのためにティムは頑張り、タイムトリップを使わなくても幸せになる、
作中では心が温かくなるフレーズが沢山、
例えば携帯の番号をもらった時に、「携帯なんて今まで古い役立たずって思ってたけど、急に僕の一番の宝物になったよ」という思わずにやけてしまうほど照れてしまうようなフレーズ。たまらなかった。
この映画はもうほんとに友達と語り合いたい。だめだ。
亘

亘の感想・評価

4.6
【日々をいかに生きるか】
イギリス南西部コーンウォール。ティムは21歳の誕生日に父親からタイムトラベル能力を知らされる。彼は恋人メアリーをゲットするためにその能力を駆使するが次第に日常の大切さを知る。

タイムトラベルを織り交ぜ主人公ティムの変化を描いたラブストーリー。といっても父親(エド・ハリス)が「バタフライ・エフェクトか何かは知らないが」と話すように、タイムトラベルについて脚本には穴がある。今作においてタイムトラベルは、「日々を大切に生きる」という父親のメッセージを伝えるための道具に過ぎないのだ。それでもメッセージ性や親子の愛情が描かれていることで今作は単なるラブストーリー以上の作品になっている。そしてコーンウォールの爽やかな空気がティムの素朴さとともに作品全体に漂っている。
また前半と後半でティムの時間の使い方が変わるのも見どころ。

前半:時間を自分のために使う
ティムは恋愛に奥手。なかなか女性に話しかけることもできずにいた彼は、タイムトラベル能力を恋愛に生かすことにする。ある日レストランで出会ったメアリーと付き合うためにティムは何度もタイムトラベルを繰り返す。美術館に行って偶然会った感じを装ったりパーティーで話を合わせようとしたり、付き合い始めてからは初セックスを成功させるために過去を繰り返したりタイムトラベルだらけ。初恋の相手との再会などを経てティムはメアリーにプロポーズをする。

このパートでティムはタイムトラベルを繰り返すけど、それはほとんど自分のためのもの。これだけ見ると彼が自分勝手に見えるけど、そこでリチャード・カーティス監督ならではのユーモアやティムの素朴さが作品の雰囲気を保っていたと思う。特に2人が同棲を始めてからの駅での日常シーンは歌も相まって明るく爽やかだった。

後半:他人のために時間を使う
ティムはメアリーと結婚し子供も授かった。幸せだからこそ彼はタイムトラベル能力を使わずに過ごしていたが、妹キット・カットの事故を受けてタイムトラベルを再び使う。そして父親の死期が近いことを知ると父との思い出のためにタイムトラベルを繰り返す。しかし「子供が生まれる前には戻らない」との教えから次第に父との思いでの日々に戻ることはできなくなり、ティムは父からのアドバイスを胸に日々を生きることを決意する。

前半と打って変わってタイムトラベルの登場回数が減少し、その代わりに家族の事故や父の病など重い内容も加わる。これは、[前半:タイムトラベルの夢のような使い方][後半:タイムトラベルの正しい使い方]という分け方なのかもしれない。そして正しい使い方を示す点で効いてる要素が、「子供が生まれる前には戻らない」という教え。子供が生まれる前にはすると、本来受精する精子が受精できなくなり、別の子供が生まれてしまうのだ。この教えがあったからこそタイムトラベルの乱用を防ぎ、終盤にはティムが父親との思い出の日々を大切に噛みしめることができたのだろう。その後第3子が生まれたことで、ティムはタイムトラベルをしても父親と会えなくなってしまう。それでも父親のアドバイスを実行して日々を大切に生きようとするティムの姿は前向きで明るかった。

印象に残ったシーン:前半ティムがタイムトラベルを繰り返すシーン。駅での日常をバンドの"How long will I love you"をバックに映すシーン。ティムが父親からアドバイスをもらうシーン。
Ss0819

Ss0819の感想・評価

4.4
アマゾンプライムにて鑑賞

「不安や心配を拭い去ると毎日が本当に素晴らしい」と1日を2回経験する素晴らしさを提案した父

この作品の醍醐味シーンの一つである

恋愛物と思って鑑賞したが、家族や時間をテーマにした大変深みのある作品であった。
Sayaka

Sayakaの感想・評価

4.5
主人公コミュ力低すぎて笑いました、映画のタイトルをみた時は意味が分からなかったのですが、みてみるととても深いです。素敵でした。
泣きました。
始めの1時間近くは主人公にイライラしましたが、話が進むにつれて、
恋人だけでなく、家族、同僚も大事にしてて、好感が持てました。
非常に良い映画でした。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

5.0
最愛の方のお薦めで観賞

最初は
「ティムずるいなー、その能力!」
って思った(笑)

でも、変えられること、変えられないこと、変えてはいけない過去に気付いていく。

良いことも悪いことも起こる「今」この瞬間を受け入れて、いかに楽しんで生きるかを教えてくれた作品でした😊✨






自分も過去に戻れるなら、1年半前に戻って、会いたい人がいる。。

でも、過去には戻れない。。

現実は変えられない。

だから約束した。

死んでも忘れないで、
来世で必ず迎えに行く

って。
最初は劣化版『バタフライエフェクト』だと思ってたし、かなり退屈だったけど、パパに「前にこの会話した?」って尋ねたあとのパパの返答にうるっときた。親子愛ものの映画に弱い。
kenyos

kenyosの感想・評価

4.6
タイムリープがあってロマンスがあって家族愛がある。シンプルなメッセージに観終わったあと日常の幸せを再確認出来るような作品でした。
泣いた。お父さんを大事にしよう
>|