アバウト・タイム 愛おしい時間についての作品情報・感想・評価

アバウト・タイム 愛おしい時間について2013年製作の映画)

About time

上映日:2014年09月27日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」に投稿された感想・評価

saki

sakiの感想・評価

5.0
家族でお茶したり、映画見たり、あたしもこんな生活したいなってすごく思った
毎日を大切に、幸せを感じて暮らそうと改めて感じた映画でした。
お父さんが素敵、、、
mizuho

mizuhoの感想・評価

4.5
2019年6月20日
AMANE

AMANEの感想・評価

4.0
泣きました。
メアリーのセリフにセンスがありすぎてやばい。
miz

mizの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

綺麗で愛に溢れた映画だった。今思い返すとどうしようもなく戻りたくなる日ってある。。。よくあるタイムトラベル系と違って、ティムは父の死を乗り越えてからタイムトリップしなくなった。ほかの家族に当たり前に訪れる不幸なことに向き合い受け入れた。月並みだけど、毎日を大切に過ごすことの大切さを改めて実感させられた。本当に、毎日毎日が愛おしい時間なんだなあ。
あやか

あやかの感想・評価

3.5
伊久磨さんの家にて鑑賞。
takumi

takumiの感想・評価

-
「やったぞ! 勝った! 久々の勝利だ」
「父さん強かったよ」
「商品は何をくれる? 金メダルとは別に」
「…お祝いのキス」
「キス? キスかぁ? ……あぁ…あぁ、そういうことか…最後なんだな?」
「…そうだよ、これでもう会えなくなる」
rhcpholic

rhcpholicの感想・評価

3.5
ただの恋愛モノかと思ったけど、予想外に中身が考えられてた。
なによりもビルナイ!ビルナイ最高だった。
ドーナルグリーソンとかビルナイとかリチャードグリフィスとか、ハリポタファンが喜ぶキャスティング。
トム・ホランダーも良かったなあ。
自分は未来から来て今日が最後だと思って生きる。
毎日悔いのないように過ごそうと思わせる映画。
失敗のない人生はないけれど、あの時ああすれば良かったと取り返しのつかないことをしてしまって一生悔いるくらいならやり直したいと。
今を精一杯楽しんで有難いと思うことの大切さを感じた映画。
めい

めいの感想・評価

4.5
当たり前が当たり前じゃないってことはすでに知っていたつもりだったけど、改めて刺されてもやっぱり痛いし、何度でも気付けてしまう。とりあえず、今日の晩ごはんは人生最後だと思って食べます。
>|