ragii

LEGO(R) ムービーのragiiのレビュー・感想・評価

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)
4.6
初めはストップモーション作品かと思いましたが、どうやらストップモーションで撮影したかのように見えるようにフルCGした作品です。

この作りこみ方がかなりの高クオリティ。

動きとしては限定されるLEGOブロックを使って、表情とか動きはモチロン。
水の動きや爆発の表現なんかもブロックで作っていて、LEGOブロックでここまで表現できるか!?ってぐらいで
見たことの無い映像が最初から最後まで詰め込まれています。

ここだけでも観る価値ありですが、この作品これだけではありません。

主人公はなんてことの無い作業員ですが、その無個性な人物が輝きを放つ素晴らしさ的な表現も素晴らしいですが、それ以外のキャラクターのパロディっぷりが素晴らしい!!

バッドマンやグリーンランタンのようなアメコミヒーローのLEGOブロックを始めロードオブザリングやハリーポッターのようなキャラクターを使って

色々とキャラクターをネタにした笑いを絶妙なタイミングと絶妙な表現でほりこんできて
小さい笑いも連発です!!

そしてストーリーも王道ではありますが、色々映画をパロディ・モチーフにしていながらも、LEGOブロックをテーマーにした映画ならではの展開、メッセージ性としてこれ以上は無いんじゃないか!ってぐらいの完璧なストーリー!

そして、LEGOブロックとは何か!おもちゃとは何か!ってゆうかなり壮大な所まで表現していて

もはや面白いだけでなく、驚嘆させられる思いです!!

正直、(アメリカと日本の)文化の違いの点やLEGOブロックの知識不足があると楽しみがすこしだけ減退してしまいますが、

子供はシンプルに楽しめて、大人は複雑な部分も含めて楽しめる超オススメの作品です!!
劇場で観たかったことをめっちゃ後悔です・・・。