LEGO(R) ムービーの作品情報・感想・評価

LEGO(R) ムービー2014年製作の映画)

The LEGO Movie

上映日:2014年03月21日

製作国:

上映時間:100分

3.9

あらすじ

LEGO(R)ミニフィギュアのどこにでもいる平凡なフツーの主人公・エメットは、なぜか“伝説的なヒーローで、世界を救う鍵となる人物”だと間違えられてしまう。LEGO(R)ワールドを支配しようとする、おしごと大王の世界征服を阻止するために大冒険の旅に出るはめになってしまう!でも、エメットはヒーローの覚悟なんてゼロ。LEGO®ワールドの終りまでタイムリミットが迫ってくる!どうするエメット!大騒動を巻き…

LEGO(R)ミニフィギュアのどこにでもいる平凡なフツーの主人公・エメットは、なぜか“伝説的なヒーローで、世界を救う鍵となる人物”だと間違えられてしまう。LEGO(R)ワールドを支配しようとする、おしごと大王の世界征服を阻止するために大冒険の旅に出るはめになってしまう!でも、エメットはヒーローの覚悟なんてゼロ。LEGO®ワールドの終りまでタイムリミットが迫ってくる!どうするエメット!大騒動を巻き起こしながらも、やがて個性豊かな仲間たちと人気ヒーローと共に悪に立ち向かっていく!さあ、そのちっちゃな手で、LEGO(R)ワールドを救う事が出来るのか!?

「LEGO(R) ムービー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

レゴはレゴである。
映画的な象徴性を一切排除して、レゴのレゴ的な特徴を脚本へ落とし込んだ手腕は見事。だが、見事であれば見事であるほどに、息苦しい閉塞感まで胎動させている。
音楽担当、ディーボのマーク・マザーズボーはレゴ世界を狂ったポップさで彩っている。特にバットマンのテーマとして「くらやみー!両親いないー!ちかしつー!やみよのばんー!」と連呼する歌の破壊力は抜群。
kotoe

kotoeの感想・評価

2.9
映画「LEGO®️ ムービー」
個性のないひとつのレゴ。社会にのみ込まれた現代社会っぽくて、頑張れって思った(笑)
くぼ

くぼの感想・評価

3.6
レゴつくった人て天才だよね
koyuki

koyukiの感想・評価

4.1
アリゾナで最後に見た映画。ラストのシーンにうるっとする 曲も好き
ぞいど

ぞいどの感想・評価

4.5
特撮的デフォルメでもハリウッド的リアリズムでもないような映像が楽しくて、わかりやすく夢があって泣ける、子どもでも大人でも楽しめそうなさいこーディストピア映画、脱コードはすり替えでしかありえない中でどんな自由が描けるか、ダーウィニズムを打ち破れるか、誰か名案はありませんか?
えり

えりの感想・評価

4.5
娘のお気に入りの1つ
Believe
You still can change everything

ウィルファレル登場に笑う。
まあ確かにレゴの世界って人間ありきだよな
>|