カテリーナ

ローン・サバイバーのカテリーナのレビュー・感想・評価

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)
4.7
2000年にも渡る「パシュトゥーンの掟」に従い アフガンの村人たちはマーカスを助けた いかなる代償が伴おうと敵から逃げる者を守り抜けと掟に定められている
勇敢な村人たちは険しいアフガンの山々で
今日もタリバンと戦っている

戦争映画の中で見るべき映画がある
それは二度と戦争を繰り返してはならないと訴える為に戦争が人間を精神も身体も
いかに破壊していくかを表現した作品である
バグラム空軍基地
レッドウイング作戦
目的はアフマド・シャーの捕捉または殺害
タリバン指導者で悪党 アフガン東部での海兵隊員の殺害を指揮した
特別偵察班 4名が潜入

戦争によってどのように人間が戦い
身体がどのように傷ついてどのような痛みが襲うか、その命が尽きる瞬間まで
その目に何が映っていたか
ただ淡々とカメラが追う

台詞も殆ど無しで
過酷で絶望的な戦いで4人が満身創痍の状態で敵に向かっていく姿
決して戦いから逃げない
その男達の姿を見てるだけで
涙が溢れて嗚咽が止まらなくなる

クライマックスでは
とても信じられない奇跡が起こる
これが実話に基づいている事実に
観客は救われるのだ。