ローン・サバイバーのネタバレレビュー・内容・結末 - 8ページ目

「ローン・サバイバー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

You are never out of the fight.
率直に言うとこれが戦場のリアルなのだな、と。実際の映像や写真も使用されているので、より現実味が感じられました。

村の掟にのっとって米国兵士を助けたアフガンの村人たちは、とても勇敢だった。たとえ自分たちに危険が及ぶ可能性があるとしても、見返りを求めずに、ただ目の前にいる人に救いの手を差し伸べる。人種さえも超えた、人が人を思いやる気持ちを垣間見ることができました。

顔が歪むほどの痛さが、疑似体験できる、実話をベースにした作品。

シールズの偵察部隊が簡単なミスをして、タリバン兵に囲まれて、、、
どーすんのこれ?ってなお話。

壮絶な逃走劇は思わず顔をしかめたくなるシーンが次から次へと続いていき、苦楽を共にしてきた仲間が一人一人と死んでいく。様はまさに地獄。
アフガン戦争における、タリバン幹部を暗殺する事を目的としたレッドウィング作戦。
その一環として敵地の拠点でもあるアフガニスタンの山岳地帯へ現状視察のために赴く4人のネイビーシールズ。
そこで接触した山羊飼いの一行を非戦闘員と判断して解放したことから、タリバンからの攻撃を受けることとなる。
余儀なくされた不利な撤退戦。その絶望的な戦闘が事実に基づいているというのが興味深い。

ただ、終盤で一人生き残った隊員が地元のパシュトゥン人に助けられるというくだり、これがどうにも嘘くさい。
自分の家族やコミュニティーを危険に晒してまで、見ず知らずのアメリカ兵を助ける理由がわからないから。
エンディングで「いかなる代償を伴おうとも 敵から逃げる者を助けろ」というパシュトゥーンの掟がクレジットされることで彼らの意図が明かされ、そこではじめてなるほどと納得することができる。
でも、できればもう少し早く明示してほしかった。そうすれば無用な違和感を覚えずに済んだのだから。

内容は冒頭と終盤でちょっとした人間ドラマはあれど、とにかく銃撃戦に次ぐ銃撃戦。
過酷な環境なのはわかるけど、ちょっと一本調子で飽きる。
隊員たちが岩山で滑落してダメージを負うシーンもワンパターンに繰り返される。

白熱して手に汗は握るけど、展開にもうひと工夫ほしかった。
やっぱり、実話というものはリアリティがあっていい!
助かったのが1人ってところが、フィクションと違って現実味がある。
それにしても、4人を助けに行ったヘリが撃墜されて、十数人があっけなく死んでしまったときは、重い気分になった。
しかし、この映画で一番すごい人は、危険を顧みず、パシュトゥーンの掟を実行した人だと思う。
正直、怖くて直視出来ない場面もあった。
チームでいる事の意味や、自分を犠牲にして仲間を救うことの尊さ。
一人、また一人と仲間が倒れて行く。
心が締め付けられる。
コメントが出てこない位、衝撃が強くも、争いはあってはならないことを認識せざるを得ない映画でした。
もう一度、じっくり鑑賞したい。
4人対あの大人数!!安堵できる時間が一瞬もなくて常に緊迫…!!村人助けてくれた時神様に見えたわ。2000年の掟すごい。1人のために村人総出で戦う姿凄く感動したー😭戦争映画苦手だけどこれは良かったわ😭
仲間を見捨てないのがカッコイイ!

けどさ、普通死ぬから。

あんだけ落ちれば死ぬから!
戦闘のリアルさ

終始緊張感をもって鑑賞しました。

後半の掟のくだりのところもよかったです。
BASED ON A TRUE STORYって
字幕に出るまで知らなかった。
戦闘シーンの臨場感が凄く、一名生還出来たことが、奇跡だと思った。アフガンの人達が古い教えを静かに守ってることに感動。