ローン・サバイバーの作品情報・感想・評価

「ローン・サバイバー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

パシュトゥーンワーリー(パシュトゥーンの掟)の中に「助けが必要なものは誰でも、命懸けで助ける」とあると明かされる。この掟がマーカス、そしてタリバンを救った。その後 彼を助けた村人はアメリカ移住を断りアフガニスタンに残り、命を狙われ続けたという。
黒旗

黒旗の感想・評価

4.0
マッチョストリップ
だい

だいの感想・評価

3.8
キャストさんの演技が最高にいい
壮絶としかいえないシーンが多いのにそれがリアルに描かれてるのがすごい
何事も決断が正しいかどうかなんて分かんないけど後悔の無いように決めるマークウォルバーグいい
ナポリ

ナポリの感想・評価

3.8
中盤から緊張感すご
波状攻撃にも程がある
マックQ

マックQの感想・評価

4.3
実話の映画化。すべてのハリウッドの俳優さんがそうではないのですが、とにかく筋トレしまくり見るからにプロの格闘家かと思ってしまう程の鍛えられた身体。主演のマーク・ウォルバーグも大柄な俳優さんではないのですが、作品の中での眼鏡の鋭さも含め海軍の精鋭部隊ネイビーシールズを演じてるのでなく、貴方そのまんまシールズでしょう…と納得してしまう演技力。まだまだ彼の活躍する作品は今後も続きそうです。
じゅん

じゅんの感想・評価

4.5
マークウォールバーグが輝きを放った作品😉実話ベースのレッドウィング作戦を唯一の生存者も出演しており、臨場感と緊迫感が...
世界最強の部隊、とてもシンプルな作戦に、思いもよらぬ落とし穴...
その時、その瞬間の一人一人の感情のぶつかり合い、決断を強いられる者と、決断を尊重する者。
そこには、それぞれの想いを尊重する仲間の絆の強さに心が揺さぶられました😿
異国の地で、何があろうとも仲間を信じて闘う姿に...
決して、彼らの決断は間違えていなかったと確信しています😀
戦争や、紛争は今現在でも起こっているに違いないけど、そこには必ずしも命を削っている者がいる事を忘れてはいけないと強く感じる作品でした😉
涙なしには、観れないけど...
現実に起こっている事を認識して
世界の何処かで涙を流している人たちの事に、改めて戦争の醜さを感じましたね😓
唯一の救いは、彼らの絆と勇気ある決断に感謝と、勇気を与えてもらえました。
傑作です😉
グロすぎて見れない部分もあった。
崖から2回も落ちてる時はヘルメットなしでよく生きてるな、、

パシュトゥーンの掟を知って
最後のシーンはもう泣くところだった。
たろさ

たろさの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最初にキャラ紹介があるけど、みんなヒゲ面で筋肉モリモリマッチョマンなので非常にわかりづらい。マーク・ウォールバーグと若い人以外認識できなかった。だが、わからなくても問題はない。

ストーリーは終始撤退戦が描かれる。ひたすら緊張と疲労と絶望と怪我で満身創痍の状態。途中、崖から落ちるシーンが二回もあるが、ホント痛そう。最後にアメリカの救助隊が来た時は見ているこっちもほっとする。

マイケル・マーフィ大尉の「俺たちニュースキャスター」推しがすごい。最初の方のシーンで部屋に「俺たちニュースキャスター」のロン・バーガンディのサイン入り写真が写る。逃亡中に「どうする」と聞かれて“Go home. Get in bed. Watch Anchorman.”(Anchormanは「俺たちニュースキャスター」の原題)と答える。字幕だと「帰って映画を見たい」と省略されている。
>|