ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

Finding Dory

上映日:2016年07月16日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:97分
    監督
    アンドリュー・スタントン
    脚本
    アンドリュー・スタントン
    ヴィクトリア・ストラウス
    キャスト
    エレン・デジェネレス
    アルバート・ブルックス
    ダイアン・キートン
    ユージン・レヴィ
    タイ・バーレル
    ケイトリン・オルソン
    イドリス・エルバ
    ドミニク・ウェスト
    シガニー・ウィーバー
    ウィレム・デフォー
    あらすじ
    「ファインディング・ニモ」の奇跡の冒険から1年。 カクレクマノミのニモの親友で、何でもすぐに忘れてしまう、 忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかったのは《家族の思い出》。 「今度は僕がドリーを助けてあげる」──ニモと父マーリン、 そしてカメのクラッシュや個性豊かな新しい仲間たちも加わり、 ドリーの家族を探す感動の冒険が始まる。 その秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた…。

    「ファインディング・ドリー」に投稿された感想・評価

    ドリーの忘れちゃったが少ししつこいかも。
    タコが万能で頼り過ぎとか、流石に…なラストの展開とか、評価は難しいが、本筋はしっかり通っており、両親との再会では思わず泣いてしまった。
    ベビードリーの可愛さったらもう、、
    あちゃ
    2.5
    赤ちゃんの頃のドリーが本当にかわいい♡

    親の愛って本当すごいのね( ; ; )
    18
    3.7
    感動して泣いた。東京ディズニーシーのシーライダーにも繋がっていて良い◎
    ドリーが両親と再会できるシーン、泣けた。ドリーがだいすきになる映画。
    hori
    3.8
    欠点か個性か、周りが認めることで変わる
    はる
    3.5
    きゅんちゃん家で。

    設定にニモの時より驚く。
    入り込むまでついついドリーの支援を考えてしまたよねん。

    涙ー。
    Sakiko
    3.2
    意外とテーマが重くてびっくり。
    K
    3.4

    このレビューはネタバレを含みます

    ハンク良いキャラ………過去海で一体何があったのか気になる。
    中盤わりと泣いた。
    途中まで良い流れだったけど、両親と合流してからの突飛さに若干ついていけなかった部分もあった。それに、水槽の中をつまらない所って言ってたけど、貴女そこで育ったんじゃないの?って思ってしまった。
    Hinako
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    『ファインディング・ニモ』での、ドリーのキャラや言動の源が全て明らかになったって感じだったなあ。愛が深いね。
    ディズニーアニメーションって、それを全面に押し出してる訳じゃないところもあるのに、いろんな学びがあるから、何度観てもどんな世代の人が観ても、その時々で楽しめるんだよね。それがディズニーのコンセプトなんだけども。
    今回私が受け取ったメッセージは、「周りの人のいいところを取り入れつつ、自分らしく明るく進もう」。マーリンに「ドリーだったらどうする?」って見習われてたドリーも、なんでもすぐ忘れちゃうことを、筋道を立てて考えることでカバーしようとしてたから。
    そして、最後のカーアクションは本当に爆笑!まさかその前のハンクのベビーカードライビングが前フリになってるとは笑
    私が海に魅せられることとなったキッカケの映画である『ファインディング・ニモ』の世界が、また目の前に広がっているだけで感激だった。ちょっとだけの子もいたけど、『〜ニモ』のキャラもみんな出てきてて楽しかった〜!公開当時、映画館で衝撃を受けて、DVDを毎日のように観て、関連書籍やグッズを片っ端から買ってもらった思い出。笑
    なんかでもシュールさというか、クスッと系のコメディ感は新しい要素だと感じたかな。話がドリーメインだからなのか?笑
    とにかく、ちびドリーが可愛すぎて悶絶なのと、ドリーパパのチャーリーの頭の部分の黒い模様を後退させてることでハゲを表してんのが秀逸。
    >|