ファインディング・ドリーの作品情報・感想・評価

ファインディング・ドリー2016年製作の映画)

Finding Dory

上映日:2016年07月16日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

「ファインディング・ニモ」の奇跡の冒険から1年。 カクレクマノミのニモの親友で、何でもすぐに忘れてしまう、 忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかったのは《家族の思い出》。 「今度は僕がドリーを助けてあげる」──ニモと父マーリン、 そしてカメのクラッシュや個性豊かな新しい仲間たちも加わり、 ドリーの家族を探す感動の冒険が始まる。 その秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《…

「ファインディング・ニモ」の奇跡の冒険から1年。 カクレクマノミのニモの親友で、何でもすぐに忘れてしまう、 忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかったのは《家族の思い出》。 「今度は僕がドリーを助けてあげる」──ニモと父マーリン、 そしてカメのクラッシュや個性豊かな新しい仲間たちも加わり、 ドリーの家族を探す感動の冒険が始まる。 その秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた…。

「ファインディング・ドリー」に投稿された感想・評価

ドリーの忘れちゃったが少ししつこいかも。
タコが万能で頼り過ぎとか、流石に…なラストの展開とか、評価は難しいが、本筋はしっかり通っており、両親との再会では思わず泣いてしまった。
vary

varyの感想・評価

3.4
Apr. 21st

シリーズ2作目
Walt Disney Animation Studio作品
Pixar Animation Studio作品

なんかニモを見たときは、かわいーとしか思わなかったが、この作品を見ると、奥に潜んでいるテーマみたいなものが見えてしまって、ちょっと怖かった。

前作と違うところは、まずアニメーション技術。CGのビット数も確実に上がっているから、モーションのパラメーターが増え、動きに自由度が出てくる。そのぶん魚らしさだったり、あえてアニメーションらしさを出したりすることができていた。特に今作のメインキャラクターである、タコの動きというのは、とても面白かった。軟体動物は関節が無限にあるから、アニメーションにするにはかなり難しいと思う。それでも、スピード感があって面白かった。
さらにはイカとのチェイスシーンもかなり見所満載で、実写ではありえないカメラの動きなんかを楽しむことができた。

ドリーというキャラクターに焦点を当てたため、かなりクセが強い作品になっていて、サブキャラの個性が失われてしまったのがもったいないなーと思ってしまったところ。あと、最近は海の中だったり、海をテーマにした作品が数多く出されているから、海のシーンに少し飽きを感じてしまったというのが、正直な印象。もっとユニークな設定にしてもいいのかなと思いました。
なー

なーの感想・評価

-
ドリーにイライラした記憶が、、
詩

詩の感想・評価

3.6
わすれんぼうのドリー、家族の記憶を思い出し家族を探す冒険が始まる。

わすれんぼうのドリーだけど家族との大切な思い出はちゃんと思い出せて(というより大切にしまいすぎてただけなんじゃないかなとも思える)一生懸命探すドリー、家族との再会する所はジーン😢としてしまいました。マーリンやニモを想う気持ちも素敵です。

ハンクが良い奴なんだけどたまにアースラを思い出してしまって(笑)
ラッコのハグは可愛いかったです。

(2018·4·22放送分)
ゆり

ゆりの感想・評価

2.7
ドリーの過去にはこんなに暗い思い出があったのかと思った。
Kogepan

Kogepanの感想・評価

3.7
観に行きましたが、映画館は超満員お子さんが多かったです。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.6
ハッピーエンドで見やすい。
ドリーが色々忘れちゃうから、途中はダラダラしてる。
>|