ファインディング・ドリーの作品情報・感想・評価

ファインディング・ドリー2016年製作の映画)

Finding Dory

上映日:2016年07月16日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

「ファインディング・ニモ」の奇跡の冒険から1年。 カクレクマノミのニモの親友で、何でもすぐに忘れてしまう、 忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかったのは《家族の思い出》。 「今度は僕がドリーを助けてあげる」──ニモと父マーリン、 そしてカメのクラッシュや個性豊かな新しい仲間たちも加わり、 ドリーの家族を探す感動の冒険が始まる。 その秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《…

「ファインディング・ニモ」の奇跡の冒険から1年。 カクレクマノミのニモの親友で、何でもすぐに忘れてしまう、 忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかったのは《家族の思い出》。 「今度は僕がドリーを助けてあげる」──ニモと父マーリン、 そしてカメのクラッシュや個性豊かな新しい仲間たちも加わり、 ドリーの家族を探す感動の冒険が始まる。 その秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた…。

「ファインディング・ドリー」に投稿された感想・評価

ドリーの忘れちゃったが少ししつこいかも。
タコが万能で頼り過ぎとか、流石に…なラストの展開とか、評価は難しいが、本筋はしっかり通っており、両親との再会では思わず泣いてしまった。
RRR

RRRの感想・評価

3.9
土曜の夜に、家族で鑑賞。

ファミリー映画の王道「ニモ」の続編ということで、今回はドリーに焦点を当てたお話。

忘れっぽいドリーにはこちらも多々もどかしさが拭えないですが、やはり愛らしいキャラクターですね。
今回は有能なタコのハンクも登場し面白い!

ディズニーにいた像で見かけて、気になっていたのですが、こんなにもハンクがパンチを効かせたキャラクターだとは思いませんでした(笑)

家族で笑って楽しめる作品です。
これぞディズニー!!
mikenekos

mikenekosの感想・評価

3.6
忘れっぽいドリーが両親を探すお話。正直、忘れっぽいという生ぬるい言葉で片付けて良いほどのものではなく、もはや重度の認知症と言ってもおかしくない記憶障害である。少し前に会話していたことも忘れてしまうドリー。そんな彼女がニモやマーリンや仲間の手を借りて両親を探す。タコのハンクが良いキャラだった。あとディスティニーも可愛い、そしてそれを中村アンが演じてるというのが今作一番のびっくり。面白かった。
okyk

okykの感想・評価

3.5
相変わらずわちゃわちゃした映画だけど、出てくるキャラクターたちがみんな可愛いし、魅力的
実は、ハンクの吹き替えが上川さんって聞いて、見ることにしたんだよね
最初、字幕で見てから、ハンクの登場シーンだけを吹き替えで見たんだけど、上川さんやっぱりいいなぁ~
あーシーに行きたい!
mia

miaの感想・評価

3.5
どりーーーーーーー!!!!
かわいいいいーーーーうるさいーーー
初っ端からベイビードリーが可愛すぎて悶える
でもよくよく考えればドリーも両親も可哀想すぎて…何この病気…健忘症なの?つらくない?

何を(誰を)探してるかも思い出せないとか…コミカルにしてるしキャラも可愛いからそんなに深く考えず見ればいいと思うし、主人公お魚さんだし感情移入しなければいいんだけどしちゃうよね?!どうしても考えちゃうよね?!
これはなかなか重いストーリーでは?


と思ったけどまあ可愛いかったからいっか!笑
八代亜紀さんには笑った。字幕版はシガニー・ウィーバーとな?!


それにしてもニモのパパ毎度大変。お疲れ様です。
さき

さきの感想・評価

4.0
小さいドリーも他のキャラクターも可愛くて笑いあり涙ありで心温まる楽しい映画だった!
おまめ

おまめの感想・評価

4.0
ハンクかっこいい
may

mayの感想・評価

3.5
記録/2017.09.24

このレビューはネタバレを含みます

一番素敵なことは偶然起こるって本当そうだよなあ
>|