ファインディング・ドリーの作品情報・感想・評価

ファインディング・ドリー2016年製作の映画)

Finding Dory

上映日:2016年07月16日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

「ファインディング・ドリー」に投稿された感想・評価

Hoshiduru

Hoshiduruの感想・評価

3.4
癒しを求めて。前にニモ観た時の感想としては「子どもの可能性を否定しないであげよう」って感じだったけど、今回は「自分の可能性を否定しない、親は子の可能性を広げる」って話でよかった…

嫌なヤツはいるけど、嫌いになるヤツはいない、やさしい世界で癒されました…。

ニモの時以上に致命的な欠陥「忘れる」ということを、最初はイラついてしまうけど、段々と成長していくドリーをみたら嬉しくなった。 多分室井滋(ダイアンキートン)の声のイメージと違って、意外とまだ子どもだったのかな…。
認知症を描いていると聞いて見た。子供たちにわかりやすく認知症をネガティブすぎずに説明できるとおもう。
Sabakan

Sabakanの感想・評価

3.7
ドリーの過去が知れてよかった。
Rinko

Rinkoの感想・評価

4.0
前作から1年後のストーリー

映像がとにかくキレイ!!
今回は新キャラも出てきてパワーアップしてます⤴︎⤴︎

忘れん坊のドリー
まわりのサカナが煙たがる態度が人間にも重なって超リアル でした
でもマーリンやニモと出逢って楽しそうでホッコリします♡

感動場面ではハンカチ…
いや、タオルが必要でした 涙

あえて吹替で見たのですが…
超八代亜紀!!
超大冒険!!!

必ずエンドロール後まで席を立たないで観てほしい!!!
かも

かもの感想・評価

1.5
前作以上にドリーが面倒くさい。

ディスティニーは声を聞いた瞬間に声優じゃないの分かったけど、ハンクは全く違和感なかった。

このレビューはネタバレを含みます

アメリカ人が作る動物ものの作品って、人間をそのまま動物に当てはめた感じのものが多い。

だから、リアリティを考えながら観ると突っ込みどころ満載になる。あんな熱帯魚がカリフォルニア近辺の海で生活できるわけがないとか、そもそも魚は瞬きしないとか、魚に子供が一匹しかいないのはおかしいとか、魚に詳しい人なら観るに堪えない作品だと思う。

ただそれでも、「ペット」や「マダガスカル」に比べたら納得出来る終わり方だったのは良かった。

やっぱり魚は、海や川にいるのが「自然」だから。動物園や水族館行きを喜ぶなんて、やはりおかしい。

あと、同時上映の「ひな鳥の冒険」は面白かった。
chika

chikaの感想・評価

-
過去鑑賞。
白

白の感想・評価

3.8
記録
>|