とも

寄生獣のとものレビュー・感想・評価

寄生獣(2014年製作の映画)
2.5
完結編も込み込みで。

月刊誌アフタヌーンで
学生時代に読んでた寄生獣が遂に
実写化、アニメ化の話しを聞いて、
正直、心は躍りました。
原作が完結してから約20年。
感慨深いものがありますね。
ただ、アニメ化は良しとして、
実写には不安がよぎる。

原作を忠実に再現出来たか…
そこに比重を置くなら、
テレビアニメが4.0
20年前の漫画ですから、
それなりの時代改変は必要かと。
また、ほぼ原作に忠実。
アニメ版は楽しく、
また懐かしく拝見しました。

で、肝心の映画がこんな所かと。
時代改変は当たり前としても、
親父さん、加奈の下り、
まるまるカット…だと?
大分端折ったね。
原作愛が強い自分はこの時点で萎え。
完結編にいたっては、
あら?こんな場所で?
あら?ナタをくれるお婆さんは?
あら?あら?あら?のオンパレード。
最後はそう来ましたかと…

土台あの原作を
映画2本にまとめるなんて無理。
せめて3部作にしてくれれば、
もう少しは深く掘り下げれたろうに。

しかし、だ。
原作をまるで知らなければ、
そこそこは楽しめるのではないか…
と、フォローしておこう。