寄生獣 完結編の作品情報・感想・評価

寄生獣 完結編2015年製作の映画)

上映日:2015年04月25日

3.4

あらすじ

右手に寄生生物ミギーを宿す高校生・泉新一は、要注意人物として人間からもパラサイトからもマークされていた。いまや、新一の住む東福山市は、市長・広川を中心に組織化されたパラサイト達が、一大ネットワークを作り上げていた。一方、人間側も、寄生生物殲滅を目的とした対パラサイト特殊部隊を結成。アジトと化した東福山市庁舎に奇襲を仕掛けようとしていた。激化する戦い・・・。人間の子を産み、人間との共存を模索するパ…

右手に寄生生物ミギーを宿す高校生・泉新一は、要注意人物として人間からもパラサイトからもマークされていた。いまや、新一の住む東福山市は、市長・広川を中心に組織化されたパラサイト達が、一大ネットワークを作り上げていた。一方、人間側も、寄生生物殲滅を目的とした対パラサイト特殊部隊を結成。アジトと化した東福山市庁舎に奇襲を仕掛けようとしていた。激化する戦い・・・。人間の子を産み、人間との共存を模索するパラサイト田宮良子は、新一とミギーの存在に可能性を見出したが、肝心の新一は、母親を殺された事件がきっかけで寄生生物への憎悪を募らせていた。そんな彼らの前に、最強パラサイト・後藤が、その姿を現した。 生き残るのは人間かパラサイトか。 そして「寄生獣」とはいったい何なのか。 新一とミギー、最後の戦いがついに始まる。

「寄生獣 完結編」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ハリウッド製娯楽大作と比べれば「アントニオ猪木vs3歳児」くらいの大差だが、染谷×橋本のセックス・シーンには1兆点をつけたい。
橋本愛に最後まで脱がせなかったのも良い。あの年頃のバストヌードなど「ジョゼと虎と魚たち」を例に出すまでもなく、痛々しいだけだ。
そのマイナス面を喘ぎ声ひと声で軽く突破した。あの若く初々しいひと声の素晴らしさよ。
ひどい。点数あげたくない。
なぜ映画化した。こんな中途半端な映画化ならしない方がマシ。
本当に原作読んで作ったん?て感じ。
ゆい

ゆいの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

役者の演技が良かった〜
みんな上手い方ばかりですね
特に名前失念してしまいましたが人間の凶悪犯罪者役の人は上手いなぁと思いました

ただ内容は前編の方が良かったかな
後編はメッセージ性が複雑で伝えるのが難しいかなと思います
たいら

たいらの感想・評価

2.9
とにかく映像のクオリティが高かった。
寄生獣と人間の全面対決がメインだったが、新一と浅野忠信の戦いはこっちまで恐怖を覚えた。勝てるわけないやん!ただそこはドラマだけに、勝つ方法があるんやけど。あと最後にガールフレンドを屋上から助けたのがミギー、でおしまい。っていうのは想像してなかった。
あと全面対決の場面と田宮と子供の話を同時並行に進めた手腕は山崎貴監督がすばらしいというところに。この監督の作品をちょっとチェックしてみよ。
日本の技術もアメリカに負けてないのでは?これはもう海外で勝負できるのでは?と思った作品だった。
りぃ

りぃの感想・評価

3.3
最後いる?ミギーのとこで終わればよかったんじゃない?と思ってしまった。
原作通りでいいね。
Mayu

Mayuの感想・評価

-
最後グダグタしてた
koba

kobaの感想・評価

3.4
まあ、おもしろいんだけど、最後の30分位はなくても良いかな〜って思えた。

寄生獣から見た種族の存在意義を訴えるあたりは良かったが、その後の人間どうしの彼女とのやりとりが飽きてしまった。

完結編なのでいい映画にしたい気持ちはわかるんだけど、、、という感じ。

全体的に演技や演出が安っぽく感じた。
ま、でもその辺は期待してなかったので、楽〜に見れる娯楽映画としてはラスト30分を除いては(笑)、おろしろかったです。

なんか悪く書いちゃいましたけど、結構好きですよ。
>|