smithmouse

ROOM237のsmithmouseのレビュー・感想・評価

ROOM237(2012年製作の映画)
2.7
「(シャイニングは)3次元のチェスのようだ」
キューブリックの遺した秘められた意味と象徴と記号の宇宙を読み解く。

謎めいた「シャイニング」の凡ゆるトピックにスポットを当て作家や学者が解釈を加えていくドキュメンタリー。

曰く、アメリカ建国の歴史の血腥い側面への告発説、アポロ計画のある部分への自身の関与の告白説、人類史上最大の戦争犯罪への糾弾説などetc。
終いにはフロイトまで殴り込んでくる収集のつかなさ。

その昔流行った「聖書の暗号」みたいに、なんでもない情報(ノイズ)を拾い出してきて隠された真実(シグナル)だと思い込んでるんじゃなかろーか?
まあ、「MMR」みたいで好きなんですけどね。
個人的にはS・キングの原作改変の怒りへの”返答”ととれるシーンは面白かった。
「な、なんだってー!」

群盲象を撫でるが如き百家争鳴ぶりも凄く面白いとは思うけど、素直にキューブリックの演出の妙を味わう事もでき、1度に2.5度くらいは美味しい映画。

しかし、これを御覧になったら御本人は何と仰るだろうか?
「俺そんなん知らんし。」とかだったり。