miyu

花咲くころのmiyuのレビュー・感想・評価

花咲くころ(2013年製作の映画)
4.2
『みかんの丘』と『とうもろこしの島』というグルジア(ジョージアと呼ぶよりも、グルジアの方が、ぴったりする…)映画を見たが…
2作とも かなりの佳作で、内戦の影響をヒシヒシと感じる映画であり、特に『みかんの丘』は戦下のもとでのストーリーであり、日本に住み平和ボケしているワタシにとっては、深く考えさせられる映画であった…

本作は、舞台が1992年のジョージア独立後の首都トビリシでの話だが…
社会主義の影が残り…
パンも簡単に手に入らず…
長蛇の列で配給を待っているのが印象的で、
また、カラフルな色の服を着る人もなく、黒い服を着用した人が多いのも目をひく。。。

主人公は14才の少女2人
エカとナティア…
この国のヒト
ホントに 顔が美しい✨
2人の少女も 超 美少女です❣️

2人は、学校へ行っているが
学校の先生も 社会主義ぽいワンマンなオンナ教師で…
見ているとムカムカする…
生徒達が彼女に反旗を翻し
遊園地??? へ行くシーンは
子供らしくて 良かった✨

エカは姉と母と三人暮らし…
父不在の理由も少しずつ明かされる…
ナディアはアル中の父と、その父と恐ろしくバトルをする母と 口汚く罵る祖母(ナティアが嫁に行ってからは妙に優しかった…)と弟(弟が、家族の不和で泣く姿は『ラブレス』をちっと 思い出す。。。切ない気持ちになる💧💧💧)と暮らしている…

メンタル的にも なんとなく 不安定になる家族を抱えている主人公達の様子が伺える…

全体的に説明が少ない映画で
あーぁ そうなのか…って ジワジワ感じる映画である…

最後まで 説明はなく…
少女達の2〜3ケ月の出来事を描かれているが…
フルに想像力を働かせて見て頂きたい映画🎬

凄く好きなシーンがある…
友達のナティアは2人の男性から言い寄られ、略奪に近い形でそのうちの1人と結婚式を挙げたが
彼女の事を思って 顔を殴られる羽目になったエカが結婚式で踊るシーン…
コレが好きだ💕
なんとも 不思議なダンスで
彼女自身 悶々とした感情を抱えながら
それでも 踊るシーン…
ココ最高でした。。。
(『髪結いの亭主』のオッさんの ダンスもかなり 意表をついていたが…)

もぅ 一つ この映画には
ナティアが彼氏①から保身用に渡された銃がポイントだ〜
コレは この国の不安定さ
危うさ そんなものを表している様に思えてならない…

14才でありながら
周りの環境や この社会情勢みたいなものが彼女をオトナにするのか…

見ていると エカに 頑張れ!
って エールを送りたくなるような気持ちになった…

そして 一時の気の迷いで結婚してしまったのかもしれないナティアにも
同じ様な気持ちになる…

今年初めに『ソニータ』を見て ひどく心を抉られたが…
それに近い気持ちをこの映画からも
感じてしまった…

この若さで、いろいろ学ぶ事もなく
結婚するなんて 社会の悪さを感じてしまう…