超高速!参勤交代の作品情報・感想・評価

超高速!参勤交代2014年製作の映画)

上映日:2014年06月21日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

江戸期、徳川吉宗の治める時代、お上に無理難題をおしつけられたわずか1万5千石の小藩があった。磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩である。元文元年(1736年)春、湯長谷藩は、幕府から突然の参勤交代を言い渡された。湯長谷の金山を我が物にしようとする老中・松平信祝の差し金であった。期日は4日。通常の参勤交代では8日はかかる。しかも莫大な費用が必要であり、困窮した湯長谷藩には無理な話だ…

江戸期、徳川吉宗の治める時代、お上に無理難題をおしつけられたわずか1万5千石の小藩があった。磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩である。元文元年(1736年)春、湯長谷藩は、幕府から突然の参勤交代を言い渡された。湯長谷の金山を我が物にしようとする老中・松平信祝の差し金であった。期日は4日。通常の参勤交代では8日はかかる。しかも莫大な費用が必要であり、困窮した湯長谷藩には無理な話だった。藩主・内藤政醇は、小藩と侮った老中の仕打ちに激怒しつつも、知恵者の家老・相馬兼嗣に命じ、4日間で無事参勤交代を果たせる作戦を立てはじめた。それは、道中の人が見ているところでは渡り中間を雇って大人数に見せ、人のいないところでは藩の少人数のみで、山中を近道して駆け抜けると言う奇想天外な作戦だったのだ!そこに東国一の忍びと言われる戸隠流の抜け忍・雲隠段蔵を道案内役として雇うが、幕府の老中・松平も刺客を雇い、湯長谷藩の参勤交代を阻止しようとしていた…果たして湯長谷藩は、5日以内に参勤交代を果たし、無事に藩と領民を守ることができるのか!?

「超高速!参勤交代」に投稿された感想・評価

面白かった!!!!家族で見たい映画!!!続編見に行こうか迷ったくらいwwww
korin

korinの感想・評価

2.0
佐々木蔵之介が大好物な人にはモッテコイ!*\(^o^)/* 昔の話って情が厚くてええやんね〜染みるわぁあ!!

なんでジャニーズ起用したのか謎、悪くはないが笑

女絡みの話が深キョンくらいで良かった。おかげで、参勤交代する彼らの男気とか笑えるところを集中して観られた。

臨機応変にその時々に応じて立場を変え、変わりゆく世を楽しく生きようって考え、すげー良かった。
あ

あの感想・評価

2.8
深キョンの声はやっぱり悪目立ちする。
前半の雰囲気から、人情で少しホロリと来るタイプのコメディかな? と思っていたんだけど、終盤の妙に力の入った戦闘シーンのせいでそのイメージが崩れ、統一感がなくなってしまった印象。秋山が斬られて倒れるとこだってまあまあ演出されてたのに、結局秋山死んでなかったしな。あと上地の死にかけの顔の演技なんか笑えるし。これは演技の実力だから別にどうしようもないことかもしんないけど。あと知念がやってたアーチャー役の弓矢スキルはもっと早くにしっかり伏線張った方がよかったのでは? あまりに活躍タイミング二つが隣接してて、「脚本書いてて終盤に差し掛かって旧に設定思い出したんだろうか」とか思っちゃう。ていってもこれよりもっと根本的に微妙な点いっぱいあるけど。
loser

loserの感想・評価

3.3
『相馬、知恵を出せ』

面白がっだ。
考えるって大事。
人間、知恵を出すって事は答えが合ってる間違ってる関係なく大事な事だと思った。知恵を振り絞った行動はそこまで悪い事にならない。

映画は、福島弁が強くてセリフが解りにくい所もあったけど、格好良く見せるシーンもあり、もちろんちゃんと笑えるシーンもありと『映画』としてちゃんとしてたと思った。

同行する家来が程良い人数で、ちゃんとそれぞれに個性があり、見せ場もあって良かった。出演している役者さん良かったなぁ。
ヒーローが多すぎて1人1人が目立たなくなるよりずっと良かった。
と個人的に好印象でした。

まぁでも、歴史に詳しい訳では無いから参勤交代の重要性やその距離感、遊女を側室にする事の意外性に対して共感出来なかったので、ストーリーの本筋に対してはそんなに楽しめてない。

改めてラストシーン見たら、深キョンのキャラが急に変わりすぎだし、誰も死なないのも説明不足な気がする。
シゲ

シゲの感想・評価

3.0
楽しく見れるシリーズ
appBana

appBanaの感想・評価

3.4
時間も金もない状態で参勤交代する上での工夫が面白かった。

人情物としても楽しめた。助け合いと人を思いやることって大事だな~としみじみ感じた。

居合を使った戦闘シーンがかっこよかった。

悪役の陣内孝則がハマっていた。
yuki

yukiの感想・評価

3.5
ちゃっちい演技が好きだわ

いいコメディ
知恵と技能と根性で無理を現実にしていくのが面白かった。殿の思いやりのある治世がのちのち自分を助ける展開(甲本さんの出てくるシーン)だったり、コンプレックスの克服がクライマックスとリンクしたり、王道だけどきちんと練りこまれた脚本も良き。
伊原剛志が完全にハン・ソロなんだけど、だからこそいいのよね。土汚れのお金って、それ完全に『北の国から』じゃん!
殿がリベラルすぎじゃね?って思うけど、おとぎ話はこれぐらいがいい。
>|