kevin

機動戦士ガンダムUC/episode7 虹の彼方にのkevinのレビュー・感想・評価

4.0
フロンタルと完全に決裂したネェル・アーガマの前に立ち塞がるバンシィ。
ネオ・ジオン軍までも迫る中、バナージ達は始まりの地、インダストリアル7に進路を取る…。



公開当時に劇場で観賞しましたが、東京国際映画祭で上映のあったMX4Dが普通に上映されてたので観てきました。

熱い展開の続くガンダムUCの完結編。
なかなか正統派なストーリー展開だったんですが…まさか結構ファンタジーな展開に!
これはシリーズファンは大丈夫かもしれないけど、これから始めた人はわけわかんないだろうな…いや、ガンダム観てきた人でも「え?(^_^;)」ってなるわ。実際、初見のときになったし。
それでも2回目になるとボチボチ納得のいく感じにはなりました。最終決戦は賛否ありそうですが、ep1から最後まで可能性や受け継がれていくものを画ききってくれていて納得の出来です。
戦闘シーンは相変わらずカッコいいし(コンロイ少佐のジェガンを早くプラモにして欲しい笑)、ユニコーンはカッコいい大人がいい台詞を言ってくれるからいい。
シリーズを通して平和への祈りを感じる作品でした。



で、初のMX4Dなんですが…結構揺れたり傾いたりしたのでビビりました(笑)
そして急に吹き付けられる風とスプレーされる水。さらにビビる(笑)
モビルスーツが腰とかを撃たれると、背もたれの中の棒みたいなので身体の同じところをブスっと刺されてもっとビビる(笑)あ、もちろん痛くはありません。
夜勤明けだったからか、少し酔いそうになりました…ほぼアトラクション。
んー、悪くはないけど、ユニコーンにはあんまり向いてないかな?悪くはないけど。
ビームが撃たれるたびにストロボ発光があるのも疲れるし、とにかくストーリーに集中しきれない。
やるなら映像ももっとコックピットに自分がいるようなものでやってほしいな。
本当にジュラシックワールドとかPANとかみたいなアトラクション的映画に最適だと思いました。