しゃにむ

エスケイプ・フロム・トゥモローのしゃにむのネタバレレビュー・内容・結末

-

このレビューはネタバレを含みます

「もっと奥よォォォ私の隠れミッ○ーを突いて〜〜!!」(※そのまま引用)

ハッ…D社に消される…((((;゚Д゚)))))))

もはや…何処から語れば良いのか見当もつかないのですが…プスリ…うっ(背後に気配)

ーー10分後ーー

さて、予め断っておきますネ。

この作品はフィクションです
ウォルトディズニー社や、実在する企業、団体、人物などとは一切関係ありません

↑ココ大事ネ、D社は関係ないアル。ウチが先にこのテーマパーク始めたネ。アッチがウチをパクったネ。アナタ、お分かりネ?

制作側がそう言ってるんだから違うヨ。浦○にあるネズミーランドですネ。紛らわしくてよくトラブルあるアル。ワタシたち困るネ。次から間違えない。OKネ?((*´∀`*))

ーー数分後ーー

ん…ぐ…うっ…頭が(正気に戻る)
よく覚えてませんが…どうやら正気を失っていたようだ…奴らが…来る前に…この作品のことを伝えておきましょう。正気の内に…

あ…ありのまま今観たことを話します…じ…自分でも何を言っているのかわかりませんが…もっt…(いつもポルナレフ状態デス)

あらすじ↓(前半)
夢の国某ディズ○ーラ○ドに来た家族が徐々に破滅する様を見せつけ夢をぶち壊す♪

・夢の国へようこそ
→ アメリカの一般的な家族がネズミーランドに遊びに来てます。ホテルのベランダで汚父さんが何やら電話に対応しています。あれれ〜浮気かな〜と邪推していたら「クビ」って言葉に背筋が凍る。いやはや…最悪なタイミングですネ。最初から不穏(ノ∀`)

・ドスケベアーのハニーハント
→ ちっちゃい男の子と女の子を連れて黄色い野獣のハニーハントに乗ります。ハチミツのヌルヌル加減に何かしら感じるものがあったのか奥さんに「いいだろ…なぁ…」とアレコレすりすりで奥さん「子どもの前よ!」と連れない態度。この夫婦アカン予感。

・スプラッシュマウンテン(意味深)
→ この汚父さんまだ「男」です。子どもを連れて回りますが、実はお目当は家族サービスではなくフレンチギャル2人組。きっと最初に電車で居合わせた時にビビッと来たんでしょう(何処とは言いませんが) 彼女達が行く先々に子どもを半ば強引に連行します。「また会いましたね、ハハハ」ってニヤニヤしちゃってかなり気持ち悪い。子どもをダシにあわよくばお近づきになろうって魂胆が見え見えです。しかしギャルも思わせぶりな素振りを見せるから汚父さんつけ上がる。幾つになっても男って単純。やれやれ( ´艸`)

・隠れミッ○ーにボッ○ー
→ またお盛んなり汚父さん…ギャルの他にもフェロモンむんむんな人妻に手を出す。この奥さん、胸元全開で「暑いわね〜」って言うから誘ってらっしゃいます。この後どうなったかはご想像に任せます(ミッ○ー発見)

・水着が無ければ現行犯だった
→ 危険なジョージの後はふてぶてしく家族とプールで泳ぎます。しかしこの汚父さんは家族サービスどころじゃございません。またしてもタイミングよくフレンチギャル2人組が現れてキャッキャキャッキャ。汚父さん平泳ぎでカエルのようにギャルに近きます。だけどギャル達には彼氏がいて他所へ行ってしまいます。汚父さん…ショックで水死体ごっこでショックを隠し切れません。奥さんの眼光が光っているとも知らず…(゜ヮ゜)

・パイパニック
→ まぁ結局目敏い奥さんに危険なジョージがバレて修羅場☆BANG☆BANG。何故こんなタイミングで?クビをカミングアウト。家族が2つに分裂しちゃいます。女の子を連れて映画みたいはアトラクションに行くとスクリーンに謎の女性のπがデカデカと映る。これ汚父さんの妄想です。ここら辺からいよいよ分からなくなります(´・ω・)ω・`)こわい

・D社のインモー?(難聴)
→ ア、モウワケワカンナイ…汚父さんが謎の組織に連行されて超展開の始まりです。突調子もないD社の陰謀論や汚父さんの妄想力はW・ディ○ニー(名前出すな〜)を凌ぐレベルだとか、ロボットや、S社のスパイ(サン○オですか?)だとかなんとか…WAKARAN…そのうちしゃにむは考えるのをやめた…

だいたい伝わりましたね。うん(自信満々)
これを読んだ貴方にはD社のヤバさがお分かりいただけただろう。奴らはチュンソ○ト並みに陰謀を持っているのだ。え?説得力の欠片も無いだって…でも…陰謀論を持ち出さないとこのレビュー収集が付かないし…その方が夢があるじゃないですか!(筋肉式結論)

そろそろ切りa…だ、誰だ…ハッ…き、貴様は…

??「ハハッ…泳がせてみたらベラベラ喋るから探す手間が省けたよ。君には『治療』が必要みたいだね。ハハッ、大丈夫、これから毎日楽しくなるよ、ハハッ」

ーー数時間後ーー

ハハッ…君もこっちにおいでよ…楽しいよ…ハハッ…ハハッ……ハッ…