バーニーロス

L・DKのバーニーロスのネタバレレビュー・内容・結末

L・DK(2014年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

「いつの時代も過小評価されてるモノはある」
この場合、傑作ではなく快作と記す。

剛力彩芽さんは好きですし心の友達だと思ってる
から素直に書きますが
決して美人ではない、かといってブスでもない、
だからこそイケメンの山崎賢人さんに
ナチュラルルックスの彼女が対峙する事で
「応援したくなる」という化学反応が起こる。

ジェラシーやコンプレックスでない事を前提に書きますが美男美女が奮闘する姿を見ても心は踊らない。そういう在り来たりなキャスティングの蔓延には辟易としてきている。

良い作品には名セリフと名シーンが産まれる。
「カサブランカ」なら君の瞳に乾杯、
「ダイハード」ならマックレーンのビルダイブ、
既存しているラブコメ映画に
この壁ドンを凌駕するシーンはあるのだろうか?
私は思い浮かばない。

伊達政宗が
「生まれてくるのが早かったら天下を取れていた」
と言われた言葉を
遅かったに置き換えてLDKに言ってあげたい。
いつか認められる時が来る、そう信じているから
私はベストムービーランキングに
君臨させ続けている。

スコアを付けるのも躊躇したくなるような
神々しい光と牙を隠しもっている。
キャスティングの妙から名シーンと
他のラブコメとは一味も二味も百味も違う快作

それがLDKです。