アゲイン 28年目の甲子園の作品情報・感想・評価 - 18ページ目

アゲイン 28年目の甲子園2014年製作の映画)

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校…

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校球児が再び甲子園を目指す<マスターズ甲子園>のスタッフとして働く美枝は、坂町に大会への参加を勧める。サビついたオヤジである坂町は「今さら」と断ったが、本当の理由は別にあった。28年前のある事件。坂町達が甲子園に行けなかった原因は美枝の父にあったのだ。父親の思い出を追い求める美枝と接するうちに、坂町は娘と向き合うことをせず、ずっと逃げてきたことに気付く。そして現実と折り合いをつけ、思い出を上手に諦めることで、自分自身を騙し続けてきたことにも。「あの夏」を越えて今、夢の続きが始まる。

「アゲイン 28年目の甲子園」に投稿された感想・評価

konocourse

konocourseの感想・評価

3.0
オジサンたちがわいわい野球する、それだけで温かい気持ちに。キャッチボールが普通に上手い門脇麦。
ろん

ろんの感想・評価

3.8
野球を通じて誤解し、理解し合う。よくある内容だけど感動した。内容は詰め込み過ぎた感じがした。
kazuかず

kazuかずの感想・評価

4.5
原作が重松清、本屋大賞受賞した小説の映画化。

甲子園出場をかけた決勝戦前に暴力事件で辞退を余儀なくされた高校球児。28年を経た今、ある事をきっかけにOBたちを集めマスターズ甲子園を目指すことになる。

家族愛、友情、仲間との絆を描いた素晴らしい作品でした。

中井貴一、柳葉敏郎の大ベテランに若手女優の波留が上手い。

ラストの甲子園、あの「フィールド・オブ・ドリームス」を彷彿とさせる愛情に落涙です。

野球を知らなくても大丈夫。見終わったあと、心から良かったと思える作品、余韻が残ります。

2015.1.17 イオンシネマ加古川
ところどころ演出や言葉選びが古臭く真面目っぽいけれど、現代パートの中心となる中井貴一と波瑠のかけ合いが自然で時に微笑ましい。
そして何より過去パートの暑苦しくも清々しい画面の色彩温度が丁度よく、登場する役者たちの演技が何より素晴らしい。正直、現代パートのもたっとした感じをここで振り払っている感がしないでもない。
加えて、中井貴一の子供、門脇麦が雑な役回りにも関わらず、存在感がとても発揮されていてあまり違和感は感じなかった。
これまで何もしてなかった奴らが、過去の実績があったからといえ、いきなり県大会で優勝しちゃうなんて御都合主義も甚だしいけれど、やっぱり要所要所のポイントでは感動させられたので良い映画だと思います。

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて

笑えるというより、ほほえましい
そして 泣ける

甲子園で娘との、無言のキャッチボールで泣けた

亡き父がこっそり隠し持っていたグローブに書かれた文字をみて一緒に号泣しそうにもなった

画面の揺れが気持ち悪く感じるところがあったのがもったいない
「負ける」ことから逃げるな。
悔しいのは、後悔は、勝てなかったからじゃない。それを認めずに逃げた自分自身のことだ。

「一生懸命負ける」とは何か?そんなメッセージを映画が全面に語りかけてくるようなものだった。

出てくる台詞が胸に突き刺さる。時にグサリと、時にじわりと、そして染み渡る。
人生ってやり直しがきかない。
人は年月を重ねてたくさんのことを経験し醸し出すことができる素晴らしい生き物だ。。
最近の私は特に、「大人とは何?」とずっと考え悩んでいた。けれどもこの映画を観て、「大人って、大人になるとはこういうことなのかもしれない」と考えさせられた。大人は完璧じゃない。不器用だったり下手くそだったりする。けれど重ねた時間の重みが子とは違う。とてもいいタイミングでこの映画に出逢えたのだと感じる。
本当に劇中メモしたくなるような素晴らしい台詞がたくさん出てきます。

にしても、あのおっちゃんおっちゃんした雰囲気を皆が醸し出すのが上手すぎる。観ていてほんわかしてしまいます。

そしてもちろん感動ものです。が!笑えるんです。(笑)

そして試写会に誘ってくれた友達に感謝です。
kan

kanの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2014#12#18 試写会にて。

とても感動的な映画でした。

忘れたいと思っても
忘れられないこと。

忘れたと思っていても
忘れられないでいること。

あの頃の
あの気持ち

忙しい毎日に言い訳して
忘れたふりしてるのかもしれない。



震災がもう
こんな風に映画に出てくるのかと
時だけが過ぎていること
実感しました。


個人的に
ヒロインの子の演技が
とても興ざめさせられるものでした。


最近の子によく見られる
空気の読めなささは
それが演技なのかどうかわかりませんが

とても
いいストーリーなのに
ただ単におじさんたちが女の子に振り回される話に見えかねないので
そこには危うさを感じました。

全体的には
たくさん泣けて
スッキリする映画でした。
もと高校野球児がもう一度甲子園を目指す。けどおじさんたちの集合なのでスポコンではなく。
高校生時代のある事件をきっかけとした、友情や家族の問題がいっぱいつまっていた。
いっぱいすぎて、薄くて共感できず。

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて公開日より一ヶ月早く鑑賞。ストーリーはテーマがテーマだし割と予想はつくんだけど確実に笑わせる、泣かせるポイントがあってよかった!おじさんたちがマスターズ甲子園を通して高校球児に戻っていく姿がなんとも愛らしい(笑)あ、あと中井貴一の醸し出す空気!素晴らしい!!この方にしかこの役はできないのではないでしょうか、なんておもってしまいました。中井貴一をはじめ、キャストがベテラン揃いという安心感もあったかな。
N

Nの感想・評価

3.5
最後の方はすごく感動的だった!
泣いてる人もたくさんいた!

1ヶ月早く見せてもらった!