アゲイン 28年目の甲子園の作品情報・感想・評価 - 18ページ目

アゲイン 28年目の甲子園2014年製作の映画)

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:120分

3.5

あらすじ

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校…

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校球児が再び甲子園を目指す<マスターズ甲子園>のスタッフとして働く美枝は、坂町に大会への参加を勧める。サビついたオヤジである坂町は「今さら」と断ったが、本当の理由は別にあった。28年前のある事件。坂町達が甲子園に行けなかった原因は美枝の父にあったのだ。父親の思い出を追い求める美枝と接するうちに、坂町は娘と向き合うことをせず、ずっと逃げてきたことに気付く。そして現実と折り合いをつけ、思い出を上手に諦めることで、自分自身を騙し続けてきたことにも。「あの夏」を越えて今、夢の続きが始まる。

「アゲイン 28年目の甲子園」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.9
ロードショー鑑賞
2014年日本映画 2015-08

とにかくおじさん達にはツボにはまる!涙腺緩みっぱなし!!泣きたいおじさん達は必見です。

元高校球児たちが再び甲子園を目指す「マスターズ甲子園」を題材に描いた重松清の小説「アゲイン」を、中井貴一主演で映画化。亡くなったチームメイトの娘・美枝役に、「潔く柔く」の波瑠。「風が強く吹いている」の大森寿美男が監督・脚本を手がけた。
やりきれないオッサン達の悲哀溢れるシーンの釣瓶打ちで「そりゃあ泣くわ」って感じの内容だった。
ただ、和久井映見の出てくるシーンはぎこちなく、あそこはかなり冷めてしまった。
ai

aiの感想・評価

2.5
かなり期待していてしまったので、その分がっかり。
カメラワークが、学生が考えるようなもので一瞬話から醒めてしまう。
波瑠の演技は悪くないのだが、この演じるヒロインがまあまあ面倒。親の愛情知らないと不安定なのかな?あの真実(後に誤解とわかるが)を知った時の取り乱し方とか興醒めしてしまって、全く感情移入できなかった。
最後の父娘のキャッチボールはよかったのだが、いきなりすぎるだろう。あんなに嫌ってたのに。
あの28年前のOB3人トリオが良かっただけにそれ以外の人物、ストーリが薄すぎて、所々入り込めないところがあった。
でも負けることの大切さ、「アゲイン力」はおじさん達に伝わるのでは?
あえて一つあげるとしたら、高校時に坂町が言った「絶対おまえ一人で逃げるな」と言ったことを津波のときの働きぶりに生かしたことを描いて欲しかった。
志ん魚

志ん魚の感想・評価

4.2
ドラマ『ごめんね青春!』でもそうだったけど、波瑠ちゃんの「泣き」に滅法弱いオレです。だからこの映画にはやられっぱなしでした。過去を取り戻す、という重松清らしい物語で勝利はほぼ確でしたが、役者陣の熱演は期待以上でした。地味なところだけど『桐島〜』でも補欠だった太賀くんはいまや日本映画界に欠かせない存在になってきました。今後の活躍にも期待したいです。
kikjst

kikjstの感想・評価

3.9
中井貴一さんの演技の自然さによって、より身近に感じられる作品。最後の波瑠ちゃんのキャッチボール、投げ方に胸熱。
Yuka

Yukaの感想・評価

4.2
良かった!台詞はたぶん少々クサさがあったかもしれないけど、出演者がちゃんと俳優・女優だと魅せられてしまうもんなんだなぁ、と実感しました。
2015-17
客の入りがあまり良くないこの作品。
自分も野球やってたし見てみるかっていう軽い気持ちで見たんだけど、凄く良かった。
テーマは野球ではなく家族。
自分は前情報なしでとても感動したので、皆さんにも是非そうして頂きたい。笑

中井貴一はやっぱりさすが。
波瑠はこれはこれで有りだと思った笑
なんだろう、逆に若さが表現されてたというかなんというか。
自分は全然気にならなかった。

野球好きなら尚更見て欲しい。
野球好きでなくても、先程も言うようにテーマは家族、是非見て欲しい。
結局みんなに見て欲しい笑
大森寿美男さんの脚本は好き。
今回も大げさじゃないセリフと人物は好き。

でも、野球部、不祥事、甲子園断念、どうやら不祥事はマネージャーと関係が、、って安易に想像できるストーリーで、それ以上でもそれ以下でもなかった。

後、妙なズームや手持ちカメラが気持ち悪かった。
とにかく、劇場の平均年齢高かったw映画。
元高校球児たちが再び甲子園を目指す「マスターズ甲子園」がテーマ。野球そのものよりも元球児たちの熱くボールを追った「昔」と中年になって仕事や家族を抱える「今」の物語。

中井貴一は「ふぞろいのリンゴたち」からずっと等身大の青春ヒーロー。今回も娘と上手く折り合えないカッコ悪いところを晒しながらも、最後は誠実で凛々しい。
ヒロインを演じる波瑠は、クドカンのドラマ「ごめんね青春!」に出てたから知ってる! と思いきや、「潔く柔く」(2013年)どころか「恋空」(2007年)にも出てたんですね。最近こういうの多い(´▽`)
Remmy

Remmyの感想・評価

3.4
盛り込みまくり!野球分からなくても楽しめました(o^^o)はるの演技も、期待以上!くさいけど、鑑賞後は幸せに包まれる。