さいはてにて やさしい香りと待ちながらの作品情報・感想・評価・動画配信

「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」に投稿された感想・評価

nekomeshi

nekomeshiの感想・評価

4.5
私の好きな類の映画でした。
海の傍のコーヒー屋さん。
珈琲屋さん始めたくなる。
景色も綺麗で、心あったまる映画でした!

そして改めて佐々木希ちゃん、本当に可愛すぎる!
Kaho

Kahoの感想・評価

3.6

永作博美との対比により、佐々木希のデカさがわかる作品
あとやっぱ永瀬正敏が嫌い過ぎる
これは永作博美のようで実は桜田ひよりちゃんの映画って感じ

小学生のとき、初めて読んだ文庫本が『よだかの星』だった。
なぜ母はこれを私に読ませたんだろうと考えてしまった。
これから寒くなる時期に
見れてよかったなと。

誰かを待つこと
誰かを待たせること
両方の経験をするのが人生なのかな

まったり観れた
ka28mar

ka28marの感想・評価

2.9
永作博美さんとロケーションでほとんど成功しているものの、台湾とはいえ外国人監督だから限りなくウェット感が無かった。
見方によっては、薄味のように見えるけれど、必要以上の湿度感は重苦しすぎるから、日本海の空と海でちょうど良いと思うな。
奥能登の日本海に面する海辺、父の舟小屋をリノベしコーヒー店を開業する岬と隣りに住むキャバ嬢のシングルマザー絵里子。

なんだかんだ絵里子さん。隣にコーヒー店が出来て助かったんじゃないの?

せっかく凄い焙煎機まである素敵な喫茶店なんだから、もう少しコーヒーの事や一緒に出すスイーツとか、そっちの方が知りたかった。
やっと出来た店なのに、あっという間に引っ越す印象で、お店に対する熱意が感じられず残念。
rie

rieの感想・評価

3.8
ゆっくり進んでいく。
あったかいコーヒーが居場所をつくってくれる。

海と島が綺麗な映画。
能登半島の先端にある、本州で最も人口の少なくなった市、珠洲市を舞台にした映画。珠洲にご縁があって、そこで撮られた作品ということで興味を持って内容ノーアイディアで観ました。
とても胸にせまる映画でした。
家族って、最初から何もしなくても心が通い合う存在じゃない。心を通わせたいという能動的な意思が、家族を作っていく。良い映画でした。母を待っていた自分の子供時代を、唐突に思い出して涙が次々に流れました。何かが勝手にシンクロしただけなのですが、きっと忘れられない作品になるのだろうなと思います。
ゆかち

ゆかちの感想・評価

3.0
ひよりちゃん目当てに♡♡
やっぱりとてつもなく可愛かった♡癒された~♡一目惚れしてからまだ三作目だけど、これからも地味に追いかけよう♪笑

永作博美さん、佐々木希ちゃん、臼田あさ美ちゃんも全員美人でみんなから癒し周波数が出ている!!

映画全体の雰囲気がとてもゆっくりまったりで、海辺の民宿と珈琲屋さんという舞台が合う優しい作品でした。
(変な男出てくるけど捕まるしそれは置いとこうw)

珈琲苦くて飲めないのですが(ブラック飲める人にとてつもなく憧れてる笑)おしゃれなカフェ巡りは大好きで珈琲屋さんの芳ばしい匂いは好き!!大きい焙煎機と珈琲豆がうつるたびに匂いまで香ってきた(笑)

一人で子育てを頑張るママと可愛い子供二人、支えとなる珈琲屋さん♡こんなお店になら通いたいな♡
>|