field

フライング・ギロチンのfieldのレビュー・感想・評価

フライング・ギロチン(2012年製作の映画)
2.5
清朝のお抱え暗殺集団「血滴子」タイトルのせいでアクション大作に見えるが影を生きる若者たちのドラマ。いつだったか振りに鑑賞。

スクリーン映えする緑の丘などロケ地が美しい。
ギミックが格好いいギロチンの出番も少なく彼らの生い立ちは分かるもののドラマとして説明不足は否めないが、リーダー格の冷をはじめ革命家の天狼など表情とアクション以外の撮り方が良い。
暗殺集団が真昼間から堂々と出歩き過ぎで不用意極まりないが、やたらカリスマ性の雰囲気を放つ天狼ホァン・シャオミンと冷のイーサン・ルァン観るだけなら良いかもしれない。
血滴子の統領にジミー・ウォング、出番少なめ。