naokit

フライング・ギロチンのnaokitのレビュー・感想・評価

フライング・ギロチン(2012年製作の映画)
2.7
かつての「片腕カンフー…」の香りは一切しません。フライング・ギロチンは出てきますが、現代の最先端科学技術でも造れないぐらいのデザインとなっております。それでも鉄砲にはかなわないとは…トホホ^_^;

全体的に重たい話で、歴史物の要素が強めなので、気楽なアクション映画楽しむ感じではありません。大量の爆薬使った爆破と、大量のエキストラ使ったモブシーンと、主演陣のイケメンっぷりを楽しむ為の映画と考えれば良いのかもしれません。

最初から最後までやたらスローモーション多用したエモーショナルな作りは観てて疲れました。(>_<)