ごろちん

真昼の不思議な物体のごろちんのレビュー・感想・評価

真昼の不思議な物体(2000年製作の映画)
3.5
観る者をふわふわとした不思議な感覚にさせてくれるアピチャッポン監督の初長編。

インプロ(即興)トレーニングのワンワードのように他者が話した内容を引き継いで一つの物語を作るという作品(ちなみにワンワードは1フレーズのみ。社内のコミュニケーション研修でやったことがあって、これがかなり盛り上がる!)

今まで観た作品(『ブンミおじさんの森』と『世紀の光』)の原石を観たような感覚。想像を超えた想像というか、辻褄や整合性ではなく、スピリチュアルを大事にする監督の想いをすごく感じました。

ただ、脈絡なく繋がれたストーリーは当然訳がわからず、なお且つテンポも良いとは言えないので眠気を抑えるのに必死(ていうか若干寝た)この作品の良さを初見で見い出すのは自分にはまだ無理でした(涙)。またいつかチャレンジしてみたいっす。