真昼の不思議な物体の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

真昼の不思議な物体2000年製作の映画)

Mysterious Object at Noon

上映日:2016年01月09日

製作国:

上映時間:83分

3.9

あらすじ

「真昼の不思議な物体」に投稿された感想・評価

二日続けての“タイ王国”は、早稲田松竹の特別レイトショーで、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の長編初作品。
白黒の荒い画質ながら、独特の構図と音楽、そしてタイの風景が焼きつく。屋台や寸劇、モーラムなど、語られる作り話をする人のリアルな姿が何とも残って、でも内容は消えていく不思議な感覚。ラジオ放送のシーンで、タイから見た第二次世界大戦と日本にハッとさせられた。

僕にとってこの2日間、非日常の夏休みって感じ。
marika

marikaの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

画面のなかで人が動いているだけでこんなにも幸せになれるなんて!画面が白黒なのと映画館の暗闇も合わせて終始白昼夢を見ているようだった 冒頭の道路での男と女の語りの場面と少女2人の手話、衣装ケースに先生を押し込む宇宙人と少年の場面が特に好き フィーバールームを早く見たい! ラストの川の中にサッカーボールを取りに行って泳ぐ場面でかなり感動した 美し過ぎて 恋人が着ていたラコステのチェックのシャツが可愛かった 下北沢のupstairs recordでの店主との会話を想起 即興で作られた物語のはずなのにどこか不穏な空気が漂っていたり夢と現の境界が曖昧であったり胸がぞわぞわした 去年資生堂ギャラリーで見た佐藤浩一の展示を、昨日金沢の21世紀美術館で再見したのだが彼の美術手帖のインタビューをよんでいたら東南アジアに興味があると記述がなされており絶対アピチャッポン好きでしょう!アピチャッポンにもいちじくに関する映画撮って欲しい!とときめいています
mone

moneの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメンタリーから空想のお話へ、語り手から語り手への流転。語りが途切れるとともにいかにもつくりものらしいカメラワークからエンドロールみたいなクレジットが表示されて物語は閉じるけど、「at noon」を区切りに、映画はその外の現実、日常へはみ出していく。「at noon」は「真昼」と訳されていたけれど、「正午」だとしたら、午前でも午後でもない、現実でも虚構でもない境界の時間のことなのでは。
ドキュメンタリー的な等身大の距離感で被写体に迫り、その場でファンタジーなあらすじを紡ぎあげて行くという気ままさは長編デビュー作にしてさすがの風格。女性のスカートから物体が転げ落ち、少年の脚が不自由なのは飛行機墜落事故のせいってことになるし、最後も話が収束したと見せかけてサッカーボールが湖?に落ちる。物体は宇宙人説もあるし、降臨がモチーフなのかもしれない。話もカットもゆるふわだが、モノクロの光彩は強烈。劇団で使われてた笙みたいな楽器がカッコよく、ペンタトニックでコルトレーンを感じた。

日英両言語の字幕が付いてたのでつい両方に目が行ってしまったが、劇団のシーンでドークファー先生を奪われた男の子の日本語字幕が「僕はまだ力不足だけど」みたいになってたけど英語字幕は "I am nothing but an ant trying to protect a mango tree (僕はマンゴーの木を守ろうとしてるアリに過ぎない)" ってなってて、原語わからないけどこの土着的で詩的な表現活かしてほしかった!あと序盤で移動販売の人が日本語字幕で「サバだよー」って言ってたのが英語では"tuna (マグロ)"で、どっちやねんと思ってたが「蒸しても焼いても美味い」と言ってたのでサバな気がする。

2019/8/15 早稲田松竹
アピチャッポンの長編第1作目なわけだが、相変わらずよく分からなかった。
タイの地方の人々の生活やそのバイブスに自身の身体のリズムをチューニングさせないと、次々と膨らんでゆく想像力の連鎖についていけないのかもしれない。
t

tの感想・評価

4.0
架空の神話/おとぎ話が形成されていくプロセスを可視化する面白さ。劇中の子ども達のごときアピチャッポン流自由奔放な語り口が無ければ胡散臭いものになっていただろう。後半眠気に襲われたが土着を貫いていて良い。
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

4.5
これは好きな映画だった。人々がそれぞれ勝手に作っていく話をひとつにまとめたりしない。それに、スカートから物体が出るシーンもすばらしい。
ただ、観客にウケてたシーンがあって、俺もフフッと笑った記憶があるんだけど、どんなシーンだったか思い出せない(うとうとしていた)。もう一度見たいな。
早稲田松竹。
リレー式ストーリーのどっかに下世話なおっさんとかにエロをぶち込んで欲しかった。
展開は理解出来ても、なかなか追いつかなかっちゃい。物語というものは、はるか昔洞窟で暗く寒い夜、人々が焚火を囲み、誰かが怖さを紛らわす面白い話を始める。という、ところから始まった。みたいな事を村上春樹の本で読んだ事があるけれど、そういう連なりで考えればまぁ、実験的で面白い事やってるのは分かるけれど、どうも。
モノクロのコントラストが強すぎて目がチカチカしたし、音も尖りすぎて耳が休まらない。それに加えてこのカオスな実験的内容なんだから頭が痛くなった。半ば拷問の境地。出来れば体調が優れてる時に再見したい。まだ頭痛い。