恋するふたりの文学講座の作品情報・感想・評価

「恋するふたりの文学講座」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

4.0
大人なラブコメでよい!

大学生特有の、何者にでもなれる感覚ってそんな無条件で良いものでもないよ、それはそれで悩んだりするよ、って感じの可愛いヒロインと、何者にでもなれると思ってたけど、もう35歳でそろそろその感覚とは袂を分かつべきだろう、って感じの誠実な主人公が出会う話
Mikey

Mikeyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

個人的にとても好きな作品。
出演者すべてが自然体で素直で、論理的。皮肉もいい。「今までで一番悲しい夜だ。」には、シーンに合わず笑ってしまった。ジェシーが自殺未遂をしたディーンに語る言葉も大好き。すごい理にかなってる。
最後アナが言った「ポニーテールをした白髪のおばあちゃんになりたいわ。」がかなり可愛かった。
ジェシーにはもうちょっとエリザベスとの未来を見て欲しかったけど、続編が観たくなるエンディングでした。
ユキ

ユキの感想・評価

3.4
これはゴーストワールドの大人の男性版だと勝手に思っている。
恋愛と呼ぶにはお互いブレブレな価値観というか、相手を自分の理想に近づけすぎかも。
主人公が女の子との歳の差計算してるシーン、健気。でもたぶんそこは問題じゃない。


ジャケットとタイトルが完全ミスリードなので信用しないでください。加瀬亮くんのレビューだけ読んで。ザックエフロン注目。
そういう映画ではないと思うのだけど
切ないような悲しい気持ちに…
多分わたしがまだディーンやジビー側
だからだろうなぁ…

ジェシー側にまわったら
優しい眼で観れるのでしょうか…
エリザベスオルセンが可愛いの一言。
Nozomi

Nozomiの感想・評価

3.2
意外とすき
How I met your mother の人!
リン

リンの感想・評価

3.0
始まりらへんは
あーまぁ観なくて良かった
映画やな、思ったけど
後半にかけてぐっと良かった

19歳の私は"下書き"。

こういう話もいいですね
ジビーの経験にもなったし
35歳なりの
素敵な生き方じゃない?

ジビーの部屋可愛すぎる
あんなんしたい
シェアハウスしよ
男の妄想をそのまま映像化したような作品、サイコー。
久しぶりにおじさんドキドキしちゃったよ、決してキュンキュンでは無いよ、ドキドキだよこれは。

19歳大学生の女の子と35歳のおっさんの恋、しかも女の子がエリザベス・オルセンちゃんだってんだから参っちゃう。
限りなくアウトに近いセーフ、だから恋とは認めたく無いけどどうやらこの娘は私に好意を寄せているみたいだ…

アウトォ!!!

現代に文通でやりとりし合うなんて、おっさんそういう古風な子大好きだよ!

ってかエリザベス・オルセン可愛すぎるよ!
好きだ!!

そしてこの映画の驚くべき点はただエリザベス・オルセンを愛でるだけでは無いというところ

歳を重ねる事の素晴らしさを最後に教えてくれて、そしてそれは同時に人生を肯定してくれる、なんともポジティブで優しいエンディング
多少強引、多少のご都合主義もこの際目をつぶろう、だってエリザベス・オルセンが可愛いから

可愛いは正義!

個人的にはロマン主義の先生との一夜での会話がかなり好き
こういう綺麗事だけじゃ無いという事も所々に挟んでいるあたり品が良い

とにかく終始エリザベス・オルセンに観てるこっちも恋をする、そんな映画

思いがけず良作に出逢ってしまったこの事故的出会いに感謝!
ふく

ふくの感想・評価

3.3
ママと恋に落ちるまでの主演として有名な、ジョシュ・ラドナーの監督・脚本・主演作。
ザック・エフロンが謎キャラで出て来ます。
>|