恋するふたりの文学講座の作品情報・感想・評価

「恋するふたりの文学講座」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

4.0
大人なラブコメでよい!

大学生特有の、何者にでもなれる感覚ってそんな無条件で良いものでもないよ、それはそれで悩んだりするよ、って感じの可愛いヒロインと、何者にでもなれると思ってたけど、もう35歳でそろそろその感覚とは袂を分かつべきだろう、って感じの誠実な主人公が出会う話
you1538

you1538の感想・評価

3.0
ザック強化月間。

謎の妖精みたいな役で帽子効果もあったし、なんかスピリチュアルなこと言ってるしで、可愛かった。

邦題ダサすぎるし、好き嫌い分かれる作品ではあるけど、私はけっこう好き。

全体的にジェシー可愛いんだけど、年齢差を計算して落ち込んだり、でもおじいちゃんおばあちゃんになれば「有りじゃん!」なシーンがめっちゃキュートだった。

この時代に文通って素敵すぎる。内容がクラシックについてってのも素敵だった。

ディーンとの交流も良かったし、オハイオの風景が美しくて癒された。

愛があれば年の差なんてってよく言うけど、やっぱりいろんなものを乗り越えなきゃいけない。(特にこの作品では女性側が10代で学生だったし)

大学生くらいの時ってどうしても年上に惹かれちゃうから、女性としてジビーの気持ちもわかるし、30代としてジェシーの気持ちもわかるから、胸がギュッとなった。
mo

moの感想・評価

3.8
ひさしぶりに良いものが観れた。のびのびとしていて、教養深くて、みんなほどよく地味で詩的でチャーミング
大人になってから、文学やら哲学やらの良さに気づいた。昔も好きだったけど、ぜんぶ無駄だと思って心の中でぐちゃぐちゃに丸めて捨てていた。ちっとも流行らなかったし、むしろ敬遠されてたし。

恋愛講座なのかはしらないけど、こういう大学絡みの映画はめちゃくちゃすきです。こんな友人がほしかった。
ike

ikeの感想・評価

3.6
記録
ニューヨークで暮らす文学好きな35歳の独身男性ジェシーは、久々に訪れた母校のキャンパスで、恩師の知人の娘である現役女子大生ジビーに出会う。
明るく奔放なジビーは年齢も趣味もジェシーとはかけ離れていたが、彼が愛する文学や音楽の話を聞くうちに次第にひかれていく。
ジェシーもまたジビーに好意を抱くが、彼女との年齢差に戸惑ってしまう。


年の差16歳って考え方次第では大きいしでも関係ないような気にもなる。
結局歳も近い読書好きな彼女に収まるのだが、ジビーとのほうがスリルがあって刺激的だよなあ。
年の差はどっちかが気になっていると成り立たないし、考えすぎても上手くいかないし、難しいところだよね。
何も動じないのがいちばん。笑

文学好きには堪らない映画だろうな。
ザックエフロンの脇役っぷりの役所が最高だったな!
risa

risaの感想・評価

3.2
自分が好きな文学を読んだり見たりするのが一番。人それぞれ。でも現実を楽しむのも大事。経済とかのが役立つかもしらんけど文学部でも、よかったとちょっと思えた
yumikey

yumikeyの感想・評価

-
私もちょうど16歳上の人と1年半お付き合いしていたからびっくり。
主人公が書いていた、自分が何歳のとき相手は何歳、、という計算私も何回もしたことあるから共感しちゃった。
16歳のとき相手が0歳ってちょっとびっくりだよね。私は歳下の立場だったから何も思わなかったけど、元彼さんはそう思っていたのかな...でも不思議と将来のこと考えると、87歳も71歳も変わらないじゃん!って思っちゃう。笑

年の差って何なんだろう。
私も読書は好きな方だけど、あそこまでのめり込むのは本当に凄いというか...文学って難しい。
ザックめっちゃ脇役でびっくり
ちょうどいい温度の映画。
セリフが歌ってるみたいですき。
俳優たちの声が良かったのか英語がすんなり落ちてきた。
タイトルどうにかならないかなーって思うけど大好きな映画の1つになりそう。
>|