ピートロ

冬冬の夏休みのピートロのレビュー・感想・評価

冬冬の夏休み(1984年製作の映画)
4.2
たよりないが仲良しの叔父、金魚のフンみたいについてくる妹、田舎の少年たち、亀レース、川での水遊び…などなど自分の少年時代を思い出すような情景であふれていたが、そういった甘酸っぱい出来事ばかりでなく、病気の母、予定外妊娠、狂女、傷害事件…といった「オトナの世界」も垣間見られる、ちょっとビターな『ぼくのなつやすみ』。
頻出される線路や列車が、決して戻らない時の流れをいやがおうにも意識させる。
かなりよかった。