Y

午後3時の女たちのYのレビュー・感想・評価

午後3時の女たち(2013年製作の映画)
3.6
例えばバリバリ働いていたような女性がそのまっただ中で結婚をして仕事を離れて子供を産んで、
数年の時がたったある日の午後、
旦那さまは仕事、子供は学校の、ほんのひとときのひとりきりの時間。
天気がよくなかったりして、今日も昨日と同じような気がしたりして、そんな時に突然なんとも言えない迷子のような気持ちになるのかもしれない。
迷いは時折、事件を起こす‥

それでも、一度事件があってようやく、残ったものこそが、迷った女性たちが手に入れたかったものなのかもしれない。
そんな風に壊しながら解決していくひとたちの物語。

中年ていうのは、なんて気難しい年頃なのだろう。

ただ、この映画でダントツによかったのはキャスリンハーン。
マイファニーレディーのあんな役も、こんな役も。