泣く男の作品情報・感想・評価

泣く男2014年製作の映画)

우는 남자/No Tears for the Dead

上映日:2014年10月18日

製作国:

上映時間:116分

3.4

あらすじ

幼い頃にアメリカの砂漠に捨てられ、殺し屋に育てられたゴン(チャン・ドンゴン)。 ある日彼は任務遂行中に誤って幼い少女を撃ち殺すという、取り返しのつかないミスを犯してしまう。 何とか忘れようと酒に溺れるゴ ン。しかしその罪から逃れようともがけばもがくほど、葬り去ったはずの 過去の哀しい記憶が蘇ってくるのだった。そんな彼に組織から新たな暗殺命令が出る。 これが最後の任務と決め、一度は捨てた故…

幼い頃にアメリカの砂漠に捨てられ、殺し屋に育てられたゴン(チャン・ドンゴン)。 ある日彼は任務遂行中に誤って幼い少女を撃ち殺すという、取り返しのつかないミスを犯してしまう。 何とか忘れようと酒に溺れるゴ ン。しかしその罪から逃れようともがけばもがくほど、葬り去ったはずの 過去の哀しい記憶が蘇ってくるのだった。そんな彼に組織から新たな暗殺命令が出る。 これが最後の任務と決め、一度は捨てた故郷の地、ソウルに降りたつゴン。そこで彼を待ち受けていたのは、 哀しい因縁で結ばれた最後のターゲットと、硝煙と薬莢の嵐のような壮絶な死闘だったー。

「泣く男」に投稿された感想・評価


六角精児?こっちでも出演してるのかよ

マンションでのナイフ捌きは圧巻

韓国映画のこの血がドバドバ出ちゃう感じさすがだよね
アジョシとは真逆の悪党ではあるけど、心の底にある男の葛藤と弱さがドラマ性を生む
韓国映画こういうのも出来るからマジで凄いな
森

森の感想・評価

2.3
なかなか面白いがアジョシの方が好き。

このレビューはネタバレを含みます

記録用
普通の韓国アクション映画。殺人のミッションの際に誤って女の子を殺してしまう。後悔に苛まれた主人公は、USBを狙うマフィアから娘の母親を守る。最後は母親に今から殺し行く奴が娘を殺した犯人だから殺せと言い、飛び込み母親に撃たれてお終い。最後は母親にアメリカに送られた時の銭湯での思い出を回想して泣いてお終い。
kohey

koheyの感想・評価

3.0
元四天王のチャン・ドンゴンさんってのは知ってはいました。この映画を見ることになったのは、むりやり友達に連れて行かれて、しかも当時この映画を上映してる映画館が少なく見つけた映画館での鑑賞料は1800円で高校生の僕には正直キツかったです。そんな中見た作品でした、アクションがメインで結構女性にはキツイエグいシーンもありましたが、ストーリー性はあり、なかなか理解が難しかったです。当時見たときの評価なので今もう一度見たら捉え方は変わっていると思いますが、、、
この作品はたぶん知らない人が多いままだと思うので、僕がここで紹介して少しでも知ってもらえればいいと思います。
決して面白いって言える映画ではないですが、映画が好きな人は、いつでいいのでみてほしいです。
感情たっぷりブチ切れながら「チェー!!!モー!!!!ギョーン!!!!!!(人名)」って叫ぶのクッソ怖くてびっくりした。アクションが要所要所で相当すごく、世界一かっこいい飛び膝蹴りが炸裂する。
Ma

Maの感想・評価

3.2
アクションだけどストーリー性あるね
TOMO.H

TOMO.Hの感想・評価

3.4
邦題がいい!!
チャン・ドンゴンが、めちゃくちゃ強いって設定でも無いかところもいい!
話はアジョシのがいいけど画はなかなか、結構長く感じたなー
S

Sの感想・評価

-
2018.8.8
>|