クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃんの作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん2014年製作の映画)

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」に投稿された感想・評価

エロいねーちゃんの勧誘でメンズエステにいったらロボットに改造されてしまったヒロシ。
めちゃくちゃ重くなりそうな話なのにしんのすけがいちいち変なこと言うので笑っていられた。
問題のシーンでは思わず「えーっ!まじでっ!これは重過ぎる…どうオチつけるつもりなん…」と言ってしまった。

140
あやこ

あやこの感想・評価

3.6
みさえがヒロイン!!!
珍しい。

そしてロボットと身体について深く考えさせられる…
クレしん映画にハマってきた
家族とはをおしえてくれる作品
R

Rの感想・評価

3.7
父ゆれのキャッチーさは良い😂
設定とか何もわからないままロボとーちゃんで話が進んだり、途中首を持ち歩くシーンとかクレしんはやはり不条理さがすごい…

五木ひろしロボの攻撃は面白いけど、関連性が謎💦わら
Ryo

Ryoの感想・評価

3.9
泣いてしまった。
なんで亡くなってしまったんですか臼井儀人先生。
臼井先生の自由で知的な脳内を見てみたい。
栄光の焼肉ロード以来の近年稀に見るクレヨンしんちゃん映画良作。
自分はロボットなのか偽物なのか、本物なのかよくわからなくなってしまうシーンがもう見ていてつらい。藤原啓治は最高です。藤原啓治以外のひろしはひろしじゃない!いぬやしきにどこか似ている脚本。
脚本途中まで良かったのにラスト戦闘シーンがイマイチ面白くない。もう少し演出のやりようがあったように思える。
途中のサトーココノカドー屋上での戦闘シーンまではかっこよかった。
いつもの映画オープ二ングが紙粘土仕様なのがまだ残ってて嬉しい。
でも、オトナ帝国や、ヘンダーランド、昔のクレしん映画には到底勝てない。
オープニング曲のきゃりーぱみゅぱみゅ懐かしい。きゃりーぱみゅぱみゅとクレしん合うんすわ。良い。
地味に武井咲が出てるのがなんか草。
終わり方はとても好き。

このレビューはネタバレを含みます

「腰がーーー!」でタイトル出てくるとか
完全にドラえもんを小馬鹿にしている笑

内容は想像してたより数倍面白かった。
しょうもない小ネタにも思わず笑わされたし、
何より話が感動的。
ギャグと感動はしっかり両立できるということを
クレしん映画から学べる。
普段のアニメのクレしんがどの程度なのかは知らないけど
ギャグに関しては、かなり捻くれた「含み」が
あるように感じた。
「このネタがアウトだと?
 これをアウトだと感じたお前の方がアウトだろ!」
と言わんばかりに、裏にある悪趣味な感じが見えた。
まあこれは基本的にはいい意味でね。
いきなり朝生やったのはかなり面白かった。

ロボとーちゃんはロボットというよりも、
ある種「クローン」としての側面が強くて
これがまた切なさを掻き立てられる。
存在が偽物だとしても、抱いている感情は本物だものね。

最後の五木ひろしで若干だれた感じもしたけど
腕相撲の下りで全てが許される。
段々腹ちゃんが可愛い
YA

YAの感想・評価

-
記録用
1952

1952の感想・評価

-
最近クレヨンしんちゃんシリーズハマりすぎてやばい
>|