CHまち

X-MEN:フューチャー&パストのCHまちのレビュー・感想・評価

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)
4.0
《作品概要》
近未来、“センチネル”と呼ばれる凶悪ロボット兵器により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフェッサーXは宿敵マグニートーと協力し、過去にウルヴァリンの魂を送り込む。人類の未来を救う為、ウルヴァリンは過去のプロフェッサーXに協力を要請し、センチネルの開発を阻止しようと企むのだが……。

《感想》
本作のテーマは「過去改変」。

未来で悪いことが起きるから過去を変えてそれを回避しましょう、というやつです。そして、未来からの使者としてウルヴァリンが選ばれ、過去に送られるのですが、この展開はもうターミネーターに似ていますね😅

続編の物語へと繋げるために、都合の悪い展開を軌道修正しようという風に思われそうな本作ですが、何だかんだ言いながらも個人的には凄く面白かったんですよね。過去と未来を繋ぐストーリーは多少複雑ではあるけども、非常にボリュームがある内容で楽しませてもらいました。センチネルの開発を止めるという目的は皆一緒なんだけど、それをするための考え方や行動が各々違ったものになるのも、ストーリーに没入させる為のいいスパイスになっていたと思う。

X-MENシリーズ過去作を観てきた人にとっては、懐かしのキャラの登場や胸熱な展開にきっと心を掴まれることでしょう!最後の最後まで話が膨らみすぎてどう収拾をつけるのかと、先の読めない展開が続いていましたが、上手くまとめてきたのは凄いなぁと感心しました。そして、ラストシーンでは思わず「皆、よく頑張ってくれた!」と声をかけたくなりましたね😄