万能鑑定士Q モナ・リザの瞳(2014年製作の映画)

上映日:2014年05月31日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:119分
    監督
    佐藤信介
    脚本
    宇田学
    原作
    松岡圭祐
    キャスト
    綾瀬はるか
    松坂桃李
    初音映莉子
    橋本じゅん
    村杉蝉之介
    児嶋一哉
    角替和枝
    村上弘明
    あらすじ
    2014年、40年ぶりに美術史上随一の至宝“モナ・リザ”が日本にやってくる。ルーヴル美術館のアジア圏代理人である朝比奈(村上弘明)は、“モナ・リザ”来日に向けてある使命をルーヴルから託されていた。それは、絶えず狙われる“モナ・リザ”をめぐる巨大な陰謀に対しての警備強化。朝比奈は、“天才鑑定士”凜田莉子(綾瀬はるか)を学芸員候補として推薦。雑誌編集者・小笠原悠斗(松坂桃李)と共にパリへ向かった莉子は見事ルーヴル美術館で行われた採用テストに合格する。もう1名の合格者となった、流泉寺美沙(初音映莉子)と共に研修に励む毎日だったが、“モナ・リザ”について知れば知るほど体に異変をきたし、徐々に鑑定眼が狂い始める…。そしてその理由を探ろうと奔走する小笠原は、500年もの前からダ・ヴィンチが“モナ・リザ”の瞳の中に仕組んだ驚愕の事実を知ることに…。一方その頃、日本とフランスを股にかけた、“モナ・リザ”を巡る巨大な陰謀が動きだしていた。果たして、莉子は“モナ・リザ”の呪縛から逃れ、難事件を解決に導くことができるのか!?

    「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」に投稿された感想・評価

    設定はわくわくする感じなのにストーリーが微妙。絶対気づくやん…って思うとこいっぱいあるしツッコみどころも多い。この二人好きなだけに残念。
    うーん。
    途中で眠くなっちゃって二日かけてみた
    可もなく不可もなく
    松岡圭祐の「千里眼シリーズ」は全部読んでいて好きな作家です。
    この「万能鑑定士Qの事件簿シリーズ」は読みたかったのよぉ><
    先に映画は気が進まなかったのですが、いつ読めるかわからないので観ちゃいました。
    初めから、うわーーこれ面白い!と思ったのですが・・・。彼女の卓越した鑑定眼がとてもおもしろかったんです。
    それに「モナ・リザ」と天下の「ルーヴル」が絡んだ大きな事件だし、ワクワク度はどんどん上がっていったんです。
    くぅ~~~~~残念感が否めない><
    ルーヴルの臨時学芸員選びや、贋作との見分け方をマスターしたりとか本当おもしろいんですけどねぇ。
    天才的な鑑定眼&頭脳を持っている彼女なのに、あんなところで詐欺に引っ掛かるの?とかツッコミどころが満載すぎでした。
    ヒロイン役は綾瀬はるかで合っているように思いました。原作読んでいないけど。
    気弱でおちこばれ雑誌編集者だからあれでいいのかぁ~とも思うのですが、松坂桃李があまりにも目立たないです。もっとワトソン役をしてほしかったなぁ。
    まーーこれもシリーズ作品だから続くのだとは思いますけどね。
    でもラストの美術品の贋作を憎む者同士としての熱い友情はいいなーって思いました。
    可も無く不可もなくといったところかなぁ。
    普通に楽しめた♫

    でも綾瀬はるかの
    能力をもっと見たかった!!

    モナリザ本物とか偽物とか
    私には一生かかっても
    見極めれへんやろな(。-∀-)
    芸術にまったく明るくないので思うのかもしれないけれど、どれだけ時を超えても人を魅了し、ある種狂わせる絵があるということが感慨深い。それは映画の中だけじゃなくて現実でもそうだからなおさら。
    絵も景色も美しい映像だった。
    ストーリー的にはまずまず。
    警備の甘さ、あんなに人がいてモナリザにどれだけの価値があるかなんて誰でも分かるのに雑に扱おうとする警察や無駄に鑑定で本物選んだりするところとかツッコミどころは結構あった。
    >|