万能鑑定士Q モナ・リザの瞳の作品情報・感想・評価

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳2014年製作の映画)

上映日:2014年05月31日

製作国:

上映時間:119分

3.0

あらすじ

2014年、40年ぶりに美術史上随一の至宝“モナ・リザ”が日本にやってくる。ルーヴル美術館のアジア圏代理人である朝比奈(村上弘明)は、“モナ・リザ”来日に向けてある使命をルーヴルから託されていた。それは、絶えず狙われる“モナ・リザ”をめぐる巨大な陰謀に対しての警備強化。朝比奈は、“天才鑑定士”凜田莉子(綾瀬はるか)を学芸員候補として推薦。雑誌編集者・小笠原悠斗(松坂桃李)と共にパリへ向かった莉子…

2014年、40年ぶりに美術史上随一の至宝“モナ・リザ”が日本にやってくる。ルーヴル美術館のアジア圏代理人である朝比奈(村上弘明)は、“モナ・リザ”来日に向けてある使命をルーヴルから託されていた。それは、絶えず狙われる“モナ・リザ”をめぐる巨大な陰謀に対しての警備強化。朝比奈は、“天才鑑定士”凜田莉子(綾瀬はるか)を学芸員候補として推薦。雑誌編集者・小笠原悠斗(松坂桃李)と共にパリへ向かった莉子は見事ルーヴル美術館で行われた採用テストに合格する。もう1名の合格者となった、流泉寺美沙(初音映莉子)と共に研修に励む毎日だったが、“モナ・リザ”について知れば知るほど体に異変をきたし、徐々に鑑定眼が狂い始める…。そしてその理由を探ろうと奔走する小笠原は、500年もの前からダ・ヴィンチが“モナ・リザ”の瞳の中に仕組んだ驚愕の事実を知ることに…。一方その頃、日本とフランスを股にかけた、“モナ・リザ”を巡る巨大な陰謀が動きだしていた。果たして、莉子は“モナ・リザ”の呪縛から逃れ、難事件を解決に導くことができるのか!?

「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」に投稿された感想・評価

コウ

コウの感想・評価

-
つまんない。設定の積み上げ方が下手。全然飲み込めない。ストーリーのためにキャラの心情、行動が動いてる感がある。伏線も活かせてない。トリックがショボすぎる。その上セリフも凡庸とくれば楽しむところがわかんない。
incal

incalの感想・評価

3.6
軽めにみれるミステリーとして面白い
ar

arの感想・評価

3.2
綾瀬はるかかわいい
綾瀬はるかの結局馬鹿っぽいのがいいよね
playerIO

playerIOの感想・評価

3.7
原作から好きです。
それもあって、小笠原役が松坂桃李なのに少し不満……
内容は良しです
ぽん太

ぽん太の感想・評価

3.0
推理物あまり分からないので分かりませんが、推理物が好きな人だと物足りなそうなサスペンス感です。

雰囲気はそこそこ良く、海外を題材にした邦画にありがちな安っぽさは少なめでした。かと言って無理して盛り上げてる感じもなく、あくまでそこそこですが質の良い雰囲気でした。

綾瀬はるかと松坂桃李は嫌味がなく、観ていて心地良いですね。

ストーリーは、サスペンス素人でも中盤でそこそこ予測できてしまう多分ペラペラな内容なのだと思いますが、それでも飽きずに観られます。そして、ホッとする内容でした。良い人が作ったんだなぁと感じる悪い人のいない映画です。

綾瀬はるかの雰囲気がとても良く、それだけで満足ですが、映画としてはそこそこ、可もなく不可もなくと言ったところです。
>|