万能鑑定士Q モナ・リザの瞳の作品情報・感想・評価

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳2014年製作の映画)

上映日:2014年05月31日

製作国:

上映時間:119分

3.0

あらすじ

2014年、40年ぶりに美術史上随一の至宝“モナ・リザ”が日本にやってくる。ルーヴル美術館のアジア圏代理人である朝比奈(村上弘明)は、“モナ・リザ”来日に向けてある使命をルーヴルから託されていた。それは、絶えず狙われる“モナ・リザ”をめぐる巨大な陰謀に対しての警備強化。朝比奈は、“天才鑑定士”凜田莉子(綾瀬はるか)を学芸員候補として推薦。雑誌編集者・小笠原悠斗(松坂桃李)と共にパリへ向かった莉子…

2014年、40年ぶりに美術史上随一の至宝“モナ・リザ”が日本にやってくる。ルーヴル美術館のアジア圏代理人である朝比奈(村上弘明)は、“モナ・リザ”来日に向けてある使命をルーヴルから託されていた。それは、絶えず狙われる“モナ・リザ”をめぐる巨大な陰謀に対しての警備強化。朝比奈は、“天才鑑定士”凜田莉子(綾瀬はるか)を学芸員候補として推薦。雑誌編集者・小笠原悠斗(松坂桃李)と共にパリへ向かった莉子は見事ルーヴル美術館で行われた採用テストに合格する。もう1名の合格者となった、流泉寺美沙(初音映莉子)と共に研修に励む毎日だったが、“モナ・リザ”について知れば知るほど体に異変をきたし、徐々に鑑定眼が狂い始める…。そしてその理由を探ろうと奔走する小笠原は、500年もの前からダ・ヴィンチが“モナ・リザ”の瞳の中に仕組んだ驚愕の事実を知ることに…。一方その頃、日本とフランスを股にかけた、“モナ・リザ”を巡る巨大な陰謀が動きだしていた。果たして、莉子は“モナ・リザ”の呪縛から逃れ、難事件を解決に導くことができるのか!?

「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」に投稿された感想・評価

そんなに警察要らないだろ!!!

#2014年映画館で観た映画を振り返るシリーズ
ダビンチコードに見劣りしない面白さ
eri

eriの感想・評価

3.8
モナリザってだけで心踊る!
ちょっとフリが長すぎて終わり近くであ、そういう映画だったのね、と理解した。
久しぶりの投稿です。

終わりが近づくにつれてのグダグダ感が凄い…
期待していたのでショックでした。トリックもイマイチ。

あと、松坂桃李くんにダメ男役は似合わないですね笑。
とら

とらの感想・評価

2.2
原作は大好き。ただ綾瀬はるかと凛田りこのイメージがあまり合っていない。凛田りこのイメージはどちらかというと、「綺麗」なイメージ。対して綾瀬はるかは「可愛い」イメージなので違和感があった。

原作は人が死なない物語なので、絶対に人は死ぬことはない。だかろ映画では、いかにも死ぬ寸前ですよ!!!みたいな煽りがあってもドキドキしなかった。
ハマ

ハマの感想・評価

2.0
アマゾンプライム
うーんあんまり面白くなかった
海外ロケしたから映画なのか。
TVのSPでウケた内容。
>|