万能鑑定士Q モナ・リザの瞳の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 万能鑑定士Q モナ・リザの瞳の作品情報・感想・評価

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳2014年製作の映画)

上映日:2014年05月31日

製作国:

上映時間:119分

3.0

あらすじ

2014年、40年ぶりに美術史上随一の至宝“モナ・リザ”が日本にやってくる。ルーヴル美術館のアジア圏代理人である朝比奈(村上弘明)は、“モナ・リザ”来日に向けてある使命をルーヴルから託されていた。それは、絶えず狙われる“モナ・リザ”をめぐる巨大な陰謀に対しての警備強化。朝比奈は、“天才鑑定士”凜田莉子(綾瀬はるか)を学芸員候補として推薦。雑誌編集者・小笠原悠斗(松坂桃李)と共にパリへ向かった莉子…

2014年、40年ぶりに美術史上随一の至宝“モナ・リザ”が日本にやってくる。ルーヴル美術館のアジア圏代理人である朝比奈(村上弘明)は、“モナ・リザ”来日に向けてある使命をルーヴルから託されていた。それは、絶えず狙われる“モナ・リザ”をめぐる巨大な陰謀に対しての警備強化。朝比奈は、“天才鑑定士”凜田莉子(綾瀬はるか)を学芸員候補として推薦。雑誌編集者・小笠原悠斗(松坂桃李)と共にパリへ向かった莉子は見事ルーヴル美術館で行われた採用テストに合格する。もう1名の合格者となった、流泉寺美沙(初音映莉子)と共に研修に励む毎日だったが、“モナ・リザ”について知れば知るほど体に異変をきたし、徐々に鑑定眼が狂い始める…。そしてその理由を探ろうと奔走する小笠原は、500年もの前からダ・ヴィンチが“モナ・リザ”の瞳の中に仕組んだ驚愕の事実を知ることに…。一方その頃、日本とフランスを股にかけた、“モナ・リザ”を巡る巨大な陰謀が動きだしていた。果たして、莉子は“モナ・リザ”の呪縛から逃れ、難事件を解決に導くことができるのか!?

「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

2.5
綾瀬はるかちゃんが可愛い。
「面白かった!!!」というよりも、「面白かったかなぁー…?」ってちょっとグラグラな感想。
映画というよりも、2時間ドラマっぽさがある。
花

花の感想・評価

3.3
普通に良かった、知識豊富なのが羨ましい
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.5
2014/10/9鑑賞(鑑賞メーターより転載)
機内で鑑賞。裏の企みをバンバン言い当てる序盤にかなり期待感が高まったし雰囲気も悪くないものの、その後いろいろ無理があって荒唐無稽の域は出ず。なんであそこまで能力が高いQがあれに引っ掛かってしまうのかとか、犯人たちのスキのありすぎる計画とか... じゃあ何でこの中庸な点数かというと、それはQを演じた綾瀬はるかの可愛さとそれに相反するような冴えに撃ち抜かれてしまったからに他ならない(笑)。モナリザのほうはともかくあの鑑定士の瞳を見てしまったら、自分だって鑑定能力(何の?)が鈍るのは間違いないだろうwww
@箕面109。現実離れはしてるけど、予想をかなり超えて面白かった。誰かに勧めてもいいかも。
マエダ

マエダの感想・評価

1.5
お嬢様みたいな役の女優さんがなんだか作風と合っていなかった。演技力?見た目?波長?なんだろう、すごく気になる。なんでこんなにこの映画に合わないか気になって気になって考えているうちに映画が終わっていた。ということはテンポの良い映画だったのだと思う。

作品の内容は和製ダヴィンチ・コードみたいなものかと予想していたけど、人が死なない、モナ・リザを扱った映画でした。天才鑑定士の綾瀬はるかが、呪いみたいなのにかかって頭がボォーとして鑑定ができなくなってしまう。うーむ、これシリーズ小説が原作でしょ? 主人公が能力を失うお話を第一作目で使いますかね。もっと活躍させてから使う話では? 現に能力を失った原因が、主人公のスゴイ頭脳だからこそ起こったことだろうに、その前振りが全然弱いので実に説得力がない。そのあとの展開も、作風と合わない女性がメインで動いていくので、全くもってノレなかった。

うーむ、綾瀬はるか的には、続編作られるかドラマシリーズ化されて、新しいキャラとして定着させたかったかもしれないが、その第一作目としての方向性が、キャストと話のチョイスから残念ながら上手くいかなかったように思える。
ごじ子

ごじ子の感想・評価

1.5
綾瀬はるか&豪華フランスロケで眼福眼福。手っ取り早く映画1本見終えたという達成感。娯楽だけど2時間を無駄遣いしたわけじゃないと言い訳できるだけの蘊蓄の数々。要するに漫画の立ち位置と同じ。しかし人物の描写がどれもこれも表層的であって感情移入などできそうもないという点で漫画に劣る。
にこ

にこの感想・評価

3.0
綾瀬はるかが可愛い

わりと、おもしろい
>|