ヒックとドラゴン2の作品情報・感想・評価

「ヒックとドラゴン2」に投稿された感想・評価

makita

makitaの感想・評価

3.6
前作の方が好き。
大嫌いな続編。ヒット作なのにビデオスルーになって残念って思ったけど、これじゃ仕方ないかなって感じの映画でした。
前作で、対話不能な動物としての一線を守っていたドラゴンの描きかたを擬人化し過ぎていて、目を細めたりぱちくりさせるのが、何だか人間のぶりっ子ぽくてあざとい。
ストーリーも、ドラゴンをめぐる人々の思惑がたいして交錯も衝突もせずに、何だかわからないまま枝分かれした物語がヌルッと進んでいく。本当に面白くない。
ドラゴンは本来猛獣だけど、信頼関係を築いて手懐けられれば親友にもなるというプロセスを省いているし、悪役を除く登場人物の全員が、人を好んで食う邪悪なドラゴンなどいるわけがないかのような口ぶりでいるのが癪にさわる。
共存共栄は結構なことだが、本作のみんな仲良しイズムはやや人間本位で、ドラゴンの野性動物としての在り方を否定しているようにすら聞こえるので、むしろ抑圧的に感じた。さらに、もともとボスドラゴンを中心に群れをなして生きているドラゴン本来の生態を、本作は最後に最悪のかたちで覆してしまっている。前作とはちがう、かなり欺瞞的な解決だったと思う。
ペットを可愛がることは良いことだが、「動物はペットになって人間といっしょに生きることがいいことなんだ」ってのは、動物愛護倫理的にどうかと思う考え方だ。
miumiu

miumiuの感想・評価

5.0
これ、大スクリーンで観たら絶対序盤からずーっと泣いちゃうやつだ…
一作目に続いて空、海の描写が美しい! 音楽もとっても好み。
前作から5年が経過、随分と成長したヒック、かっこいい。成長しつつ自分のアイデンティティに悩むヒックと、寄り添う相棒のトゥース。トゥースがヒックを信頼している姿が本当に可愛くて可愛くて!
特に冒頭のフライング場面は、ヒックがトゥースを「乗りこなす・操る」対象ではなく「一緒に飛ぶ・ともに生きる」相手として見ていることが伝わってきてウルッとした。(もし映画館で観てたらきっと号泣)
親子の絆も前作とは違う形で描かれていて感動。仲間との絆も熱い!

美しい風景とドラゴンに乗って飛ぶ臨場感、映画館で堪能したいなあ。ということで、3はちゃんと劇場公開してほしい! 配給会社さん、お願いします!
1作目が好評だと2作目で質が落ちるものが多いですが、このケースを逃れた作品と感じました。

映像クオリティは前作よりも上がった感じがするし、前作はドラゴンとの絆が生まれる内容でしたが、今回はドラゴンに加えて家族の絆も追加となり前作に負けず劣らずになったと思います。

展開はベタな内容かもしれませんが、予想を裏切る展開にして駄作になってしまうよりもいいです。

今作は日本では配給がつかず、劇場で一般公開されなかった悲しい映画ですが、次回作では配給がついてくれることを期待します。
2016年?

1が好きだったなぁって感想だった記憶
全てがベタなんだけど、それでもいいものはいい。

ドラゴンで飛んでいる爽快感と、わかりやすいけどアツいドラマ。それだけでいい。

ドラゴンには優しいけど、羊の命は軽んじるのには少し笑った。
>|