風来坊

ルパン三世の風来坊のレビュー・感想・評価

ルパン三世(2014年製作の映画)
1.8
高評価の人も多い本作だけど、申し訳ないが私には響くものが無かった。
かなり酷評するので好きな人は無視して下さった方が無難だと思います。

これは「ルパン三世」の仮面を被った別の何かですw
ルパンとは思わずに見れば面白いという声もありますが、ルパン三世を名乗っている以上はそれは無理な話し。

実写映画だけのルパン三世を作りたかったら、ルパンの喋り方の中途半端な再現などしないでいっそのこと全てオリジナルにすれば良かったのに。

キャストがミスキャスト過ぎるのは残念。
一番文句言いたいのは黒木メイサさんw日本人離れしたエキゾチックな雰囲気を峰不二子に重ねて黒木メイサを選んだのは間違ってない。

しかし、峰不二子を演じるにあたって一番必要な物が彼女には足りない。
それは…巨乳だwだいたいレザースーツがはち切れんばかりのおぱーいじゃないと峰不二夫とは言えん。私は認めないw
敵役の女優の方がまだ良い。

更には黒木メイサさんのどや顔がくどい。途中からはムカついてくる。
だいたい漫画やアニメの峰不二子は悪女のようで憎めないのが魅力なのに、これでは憎さしかないw

銭形、次元、五右衛門に関しては語りたくもない感じです。
小栗旬さんのルパンだけはオリジナルさを出しながらも、アニメ版の感じも出そうと頑張っていて良かったと思います。

ストーリーは長い割には盛り上がりに欠け、中途半端感が残ります。
スタイリッシュなアクションシーンは北村龍平監督の十八番で、アクションシーンは楽しめました。
個人的にはアクションシーンを見るためだけの映画となってしまっていて残念でした。

北村龍平監督がメガホンを取るとなって、非常に期待していたんですがやっぱりルパン三世の実写化は巨匠でもハードルが高かったですね。