オール・ユー・ニード・イズ・キルの作品情報・感想・評価

オール・ユー・ニード・イズ・キル2014年製作の映画)

Edge of Tomorrow

上映日:2014年07月04日

製作国:

上映時間:113分

3.7

あらすじ

突然、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐(クルーズ)は本格的な戦闘を前にあっけなく命を落としてしまう。ところが意識を取り戻したケイジは自分が不可解なタイムループの世界にいて、何度も戦闘と戦死を繰り返しながら……同じ戦いを生き抜かねばならないことに気づくのだった。 しかし、特殊部隊の軍人であるリタ・ヴラタスキ(ブラント)と共に敵との戦いを繰り返していく間にケイジの戦闘技術は次第に…

突然、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐(クルーズ)は本格的な戦闘を前にあっけなく命を落としてしまう。ところが意識を取り戻したケイジは自分が不可解なタイムループの世界にいて、何度も戦闘と戦死を繰り返しながら……同じ戦いを生き抜かねばならないことに気づくのだった。 しかし、特殊部隊の軍人であるリタ・ヴラタスキ(ブラント)と共に敵との戦いを繰り返していく間にケイジの戦闘技術は次第に磨き上げられていく。やがて戦いを続けていくうちに、ふたりは少しずつ敵を倒す糸口を掴んでいくことになる。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」に投稿された感想・評価

marco

marcoの感想・評価

3.6
日本のライトノベル原作で主演がトムクルーズとかいう珍しすぎる映画
だんだんと強くなっていくトムがカッコいい
み

みの感想・評価

4.2
爽快
トムハンクスの顔つきがドンドン変わって行くのが愉快だなぁー。でもこんな能力いらないっ!
原作のギタイよりこっちのギタイの方が愛着湧いてなんか可愛く思える
トムクルかっこいい
さん

さんの感想・評価

3.6

日本のSFライトノベルを実写化🎬

出ましたSF映画の定番「タイムリープ」、、SF映画ではもはや定番となりつつも、一方下手すると根幹をなす設定が破たんしかねないというデメリットを背負っていますね。

主人公のトム・クルーズは最初超ヘタレで、どんな姑息な手段を使ってでも戦場送りを免れようとします。あのトム・クルーズが、、トム・クルーズ=ミッションインポッシブル だったので彼のイメージに似合わない役でしたねw

途中で、ある事情から「重傷を負ったら、ループ能力を失わないために潔く死ぬ」というルールが追加されます。重症で「待って、まだ頑張れるから!ちょ、まっ」と這いつくばる主人公の頭にリタが容赦なく銃弾をぶち込むのはもはやコメディでした🤣
たか

たかの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

あんまり期待せず観始めたけど、面白かった。

よくできたストーリーだと思います!戦闘シーンもスタイリッシュでカッコいい。

凡ミスであっという間にやられたり、トレーニング中にサクッと殺されてリセットされるトム様に笑ってしまう。

これ、死んで死にまくって攻略して行く様をスピード感もってストーリーが描かれているけど、本当は果てしない時間をループしてるのだと思うとゾッとする。
そして、輸血されてループできなくなってからの恐怖感と緊張感。

あと、エミリーブラントがカッコよくていいです。
>|