オール・ユー・ニード・イズ・キルの作品情報・感想・評価

オール・ユー・ニード・イズ・キル2014年製作の映画)

Edge of Tomorrow

上映日:2014年07月04日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」に投稿された感想・評価

ハリウッド映画の中ではトップクラスに好き。
これの後に原作のラノベ読んで見たけど結構ストーリー変わってた。俺はどっちも好きかな。

ラストシーンはかなり無理矢理ハッピーエンドにしてる。正直これなら逆にもう一回最初のシーンに戻して「…次で完璧に決める(キリッ」とかトムクルーズに言わせときゃ良かった。でもまぁ良いよ。主人公たちがあんな苦労してたし許したくもなったよ。

でもそれ以外の、前半のスピーディな展開、戦闘、ギャグ、説明シーンなど本当にテンポ良く、後半は所謂鬱展開で重苦しくなるものの、その後底から解決に向かう疾走感はたまらない。

ループ能力を駆使したギタイと戦う時の手際の良さや、軍内部で上官に協力(脅)を取り付けに行く手際の良さは、ゲームの神プレイ動画を見ている時の様な気持ちの良さがあり、ある意味原作以上の原作あとがきリスペクトを感じた。
‪軟弱な主人公が戦死する度に過去の記憶と知識を残しつつ屈強な戦士となるSFタイムループもの。「ヴェルダンの女神」と呼ばれる英雄を演じるエミリー・ブラントの鍛え上げられた肉体とアクションが素晴らしい。‬
Kintaro

Kintaroの感想・評価

3.5
マンガ初めて読んだ時の感動の半分くらいは胸に刺さった。
moe

moeの感想・評価

3.6
トム・クルーズのアクションはもはや安心感でしかない。ハズレもないし良い。
謎のエイリアン、ギタイ暗くてよく分からないし怖すぎるよ。最後、最高にスカッとした。
これ原作は日本の小説なの知らなかったー。日本じゃなくてアメリカで映画化したのは正解だったと思う。
hiro

hiroの感想・評価

4.0
死に戻りの発想は面白いが、ラストは無理矢理感がありよくわからない
natsuki

natsukiの感想・評価

-
小畑健さんのコミカライズ版は読んだことあったけど、明らかにそれとは雰囲気が違って気になる映画版。
英語版のEdge of Tomorrowというタイトルがかっこいい。

何度挑戦しても負けてしまうというタイプのループものはあまり好きではなかったけど、これだけスピーディーな演出で見せられると全然苦痛に感じない。上手く編集されたプレイ動画みたい。

最近のトム・クルーズは、こういう役やるんだ!と良い意味で意外性があることが多くて、でも最終的にはトム・クルーズらしさに落ち着くところも含めて好き。その究極って言える映画のひとつだと思う。
レオ

レオの感想・評価

4.3
エミリーブラントはやっぱかっこいい☺️
としき

としきの感想・評価

3.8
設定はおもしろかった。学んでいく感じがFPSって感じ。
u

uの感想・評価

3.7
記録
>|