くぅー

項羽と劉邦のくぅーのレビュー・感想・評価

項羽と劉邦(2011年製作の映画)
3.8
とにかく渋くてカッコいい・・・一部からはスタイリッシュとダメ出しかもだが、さすがはあのレッドクリフを産み出した国、天晴れな仕上がりかと。

鴻門の会を経ての劉邦の天下統一を描き、有名な四面楚歌から項羽の愛のエピソードまで、回想録として実に巧みにバランス良く練り込む。

実は二重構造でもあり、軍師の范増と張良の互いの策の読み合いも面白く…中盤での碁の対決は圧巻。

運命が二転三転する様もいい緊張感でダイナミックに描き、レオン・ライらのイケメンに渋メンに紅一点の美女のキャストも嫌みなくハマってるだよなぁ。