sakiko

チョコレートドーナツのsakikoのネタバレレビュー・内容・結末

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画のを観て愛の形は様々だと感じた。そしてその愛を誰も取り上げる権利はないはずだ。この映画を観ている間、温かさ・楽しさ・悲しさ・怒り・悔しさいろんな気持ちにさせられた。現在でも同性愛者への差別や偏見はなくならない。でも自分はどうだろう無意識に偏見の目とかで見てないだろか?と反省もできた映画だった。

最後のポールがみんなに宛てた手紙の内容がまた辛い。色んな記事の中の小さな記事、誰も目に止まらないような小さな小さな記事にマルコの死が書かれている。誰も気にも留めない1人の人生を、本当の家族を超えた愛のある家族をどうして壊すのだろうと悲しさとやりきれない思いでいっぱいになりました。

でも、マルコやルディ、ポールにとってかけがえのない時間で本当の家族だったと思う。ルディの歌声にはとても感動した。声に気持ちをぶつけてて心打たれました。