charo

チョコレートドーナツのcharoのレビュー・感想・評価

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)
4.0
チョコレートドーナツ
どんな甘い物語が待っているんだろう?

内容は全然甘くない!
ゲイのカップルが母親が居なくなってしまった
ダウン症の少年と生活していく

彼らはみんな血の繋がりもない法廷で戦えば差別と偏見だらけ

それでも彼らは本当の家族以上に家族だった

アランカミングの歌声は最高でパフォーマンスもこんな店あるならみてみたいレベル!

映画は全体的に静かにでも力強いメッセージをズキズキと突きつける

ラストは手紙で...

歌に泣かされた映画でした
これが実話だなんて...

マルコが大好きなお伽話のハッピーエンドに出逢えることを願うばかり

監督が邦題には驚いたってコメントだしてましたねw
私もこのビターチョコには驚いた!
メッセージ性の強い作品が好きな人にオススメ!