あるみかん

チョコレートドーナツのあるみかんのレビュー・感想・評価

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)
4.0
あっという間に終わってしまった。短時間に色んなものがぎゅ〜っと詰まってる映画だった
主人公のルディはゲイで夜にバーで女装してショーに出るのが仕事。ある日隣人の女性が逮捕され帰らなくなり、その息子マルコを預かろうとする…と肩書きだけみたら沢山の偏見にさらされてしまいそうな主人公だけど、人間として尊敬できる、めちゃくちゃ格好いい人だった。そして仕草や表情がとても美しく魅力的な人でもあった
二人の愛情に囲まれながら幸せそうに笑うマルコは本当に本当に可愛いかった。こっちも幸せになる
そんな二人の愛情を周りの人間、裁判官でさえ認めていた。なのに、何故、、こうなってしまったんだろう、、
ルディの友人が裁判で二人はキスをしていたか?と質問されて二人は恋人同士だ(だから当然)と答えていたのが印象に残った。男同士だから見せてはいけないなんて変な話だ。愛し合っている人たちが幸せに暮らせる、ただそれだけのことが、こんなにも遠い