Lewis

チョコレートドーナツのLewisのレビュー・感想・評価

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)
4.0
前情報なく視聴。お人形を持った男の子が放浪しているシーンから、オカマBARのシーンへ。のっけから、“普通じゃない”画に驚いたが、なるほど、ゲイカップルが知的障害のある男の子を養育することが、認められるかどうか、という趣旨なのかと理解した。
そのときには、すでに法廷はじめ、周りから否定的な意見、態度を取られていて、観てるこちらももどかしさや悔しさを感じ始める。(ここあたりで、私はビールとポテトチップスを投入。)

「ゲイの場合、勝訴するのはほぼ不可能だ」
「ゲイの場合、何をするのもほぼ不可能よ」
というシーンから今までルディの人生は挫折や諦めの連続であったことを想像させる。

途中、ゲイが理由でポールは職場を追いやられるが、ルディはそんなこと気にも留めない。むしろ、良かったわね、と一蹴する。そして、「今こそカミングアウトして、世界を変えるチャンスよ」と導いていく。

マイノリティーの生きにくさを現しながらも、ルディが強さを持って生きていることが美しい。
ポールを信じていること、自分たちがマルコを愛し養育に最適であること、シンガーである誇り。強さと優しさを持っている。

物語の最後、ポールは、悲しい事実を関係者たちへ伝えていく。法廷の結論がラストではない。その先、どうなるか。法律を扱う人たちも、人間である。結局は自分たちの思想や哲学に大きく左右されていく。

怒りや深い悲しみを乗り越えて、無駄にはしない、強く生きていく約束を、ルディの歌の中に感じた。