のん

チョコレートドーナツののんのレビュー・感想・評価

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)
3.7

評判通り“魂を震わせる映画”でした。久しぶりに終映後もしばらく席を立ちたくなかった。何でもそうだけど、観る人が“どこに視点を置くか”で感じ方が変わる作品。とにかくズシンと来た。
物語りは、同性愛カップルが薬物依存の母親のもと放置状態で育てられたダウン症の男児・マルコを、禁固刑となった母親に変わり育てようと奔走する過程~その結末を描いてます。この作品の中で個人的に最も印象に残ったのは、同性愛がバレて仕事を首になった元検事のポールの言葉。
刑務所にいる母親に代わって子供を育てる権利(監護権)を認めてもらう審議が「同性愛者のカップルのもと子供が悪影響を受けるのではないか」という方向に論点がズレていく中、ポールは「問題はマルコの幸せであって女装がどうのじゃない!論点を見失ってる!」と訴えます。
ハッとさせられました。マイノリティの問題、障害の問題、70年代末の社会の問題などたくさんの“問題”(あるいは制約)を孕んだストーリーなだけに、つい観ているこちらも翻弄されてしまいますが、そもそもは“マルコの幸せの為”二人は立ち上がった筈でした。母親の愛に恵まれず育ち、希望を見出だした筈の新しい家庭も大人の事情・社会の事情で振り回され、マルコ自身の希望は踏みにじられてしまう…。論点を見失った大人たちは本当の「弱者」を、大人が守らなければいけない存在を、各々の立場・主張に夢中になり忘れてしまう。
予感していたラストに向かって後半はひたすら嗚咽との戦いでした。


ところで、ダウン症児を主役あるいはキーにした作品って結構観ます。知る限りそれらの作品では「ピュアな存在」「天使」として描かれ確かに私自身彼らの微笑みには赤ん坊に通じる何かを感じる気がします。
それが何なのかわからないし、ある人達に言わせれば“それも差別”なのかも?
子供を産んでない人間には何も言う資格ないのかもしれませんが、ダウン症児を天使と描き差別は良くない!とする一方、出産前検査で中絶を促す(個人的見解)社会の気味悪さも感じた作品でした。